分娩台での出産は誰のため?

現在、産婦人科で出産する場合、殆どが分娩台の上での出産です。

最近は、フリースタイル出産ができる病院もありますが、まだまだ数は少ないように思います。

そもそも、分娩台というのは妊婦さんのためのものではありません。

赤ちゃんを取り上げるお医者様にとって都合が良いのです。

万が一の場合に分娩台だとすぐに応急処置もできるからです。

素早く処置できるという意味では確かに良いのかもしれませんが、

例えばリスクの高い妊婦さんや、希望する妊婦さんだけにするという選択ができれば良いですね。

産婦人科医が減少している中、一人一人の希望は聞いていられないのかもしれません。

昔は座った形で産んでいたそうです。

赤ちゃんは下に降りてくるので、本来はそれが自然な気もします。

オススメはフリースタイル出産

出産する際、楽な姿勢というのは人によって様々です。

やはり自分の好きなスタイルで産めるフリースタイル出産は良いと思います。

分娩室では医師や看護師が主体となって出産をコントロールしているイメージですが、

フリースタイルは基本お母さんと赤ちゃんが主体になって出産ができます。

まさに、Thank❤︎youが目指す「産まされるお産」ではない「産むお産」です。

誰に邪魔されることなく、自分のペースで、産みたい姿勢で出産することができます。

これは、妊婦さんにとっては精神的・肉体的負担がかなり軽減されると思います。

負担が軽減されると、それが精神的リラックスに繋がり、出産に向けた体の変化がスムーズに進むのです。

水中出産や布団の上での出産など、環境も自由に選択できる病院もあるようですので、

どんな出産環境、出産シーンを望んでいるのかによって病院が決まってくると思います。

LDR出産

LDR出産という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

L=Laborは陣痛、D=Deliveryは分娩、R=Recoveryは回復という意味。

陣痛が始まり、出産し、その後回復するまで、すべて一つの部屋で過ごせる出産方法です。

医療設備も備えた部屋で、出産時にはベッドが分娩台に早変わり。

産後は再びベッドになり、そこで回復期を過ごし入院生活を送ることができます。

分娩時以外、医療機器は収納されているため、家庭的な雰囲気の中で過ごすことができます。

一つの部屋でずっと家族や知人と一緒に過ごせプライバシーも守られます。

陣痛が来てから分娩室に移動しなくてよいため、妊婦さんにとっては精神的・肉体的にも負担が軽くなります。

陣痛がピークのときに、出産する部屋までの移動が苦痛だったという声はよく耳にしますので有り難いですよね。

ただ、日本の産院では、陣痛室と出産室が別なのが主流。

設備がある産院は限られており、入院費は結構高めになります。

LDRでフリースタイル出産ができれば良いですね。

アメリカの帝王切開率

アメリカは、4人に1人が帝王切開での出産だそうです。

以前、読んだ資料では訴訟社会だからと記憶していました。

分娩時に万が一何かあった場合、すぐ訴訟になります。

リスクが高そうな人は、初めから帝王切開を勧められるようです。

私の知人でアメリカで出産した人がいます。

彼女は身長150cm弱。

妊娠がわかったときから、出産は帝王切開の方がいいですねと言われたとの事。

体が小さいので体力的に無理だと思われたようです。

アメリカ人からすれば、身長150cm弱の彼女は全くの子供に思えたのでしょう。

今回、アメリカの帝王切開率をしらべようとググったところ、新たな驚きの事実を知りました。

“アメリカでは過去20年間に渡って母体死亡率が増加し続けている世界でも例のない国”

医学が進歩しているのに増加って・・・

 

帝王切開の多い国、アメリカから入ってきたのが分娩台だったのです。

バース・トラウマ

バース・トラウマとは、出産時心的外傷のことです。

私がAHB出産プログラムを始めようと思ったキッカケが、バース・トラウマでした。

『やさしいうつの治し方』著者の弥永 英晃さんは、うつの根本原因はバース・トラウマだと仰っています。

『胎内記憶』には、バース・トラウマと自殺の関連性、分娩手段と発達障害や自閉症の関連性などが書かれています。

医療機関で多くのスタッフに囲まれ、落ち着かず安心感が得られない中での分娩は、母親にとっては苦痛です。

ホルモンの分泌も乱れ、精神的・肉体的にも疲れ、出産後、子供に愛情を注ぐ余裕がなくなるのです。

そういった母親の子供が、バース・トラウマをもつ可能性もあるのです。

以下『胎内記憶』からの一部抜粋です。

LAの南カリフォルニア大学とコペンハーゲンの予防医学研究所の研究者チームは、出生時のトラブルに初期に母親から拒絶された体験が加わると、18歳までに暴力犯罪を犯すリスクが極めて高くなる事を報告しています。

この研究者チームは、こうも言っています。

「出生時のトラブルは、初期の家庭環境、特に1歳までの育児が愛情溢れるもので、親子の絆がしっかり確立されるならば、後の暴力的傾向には繋がらない。」

必要な医療介入も当然ありますので、医療介入を全否定しているのではありません。

医療介入があった場合は、バース・トラウマになる場合があり、出産後のケアが重要だという事を知ってほしいのです。

AHB出産プログラム

AHB出産プログラムで、バース・トラウマにならないような自然出産を目指すプログラムです。

妊娠初期からの赤ちゃんとのアタッチメントを重視し、胎話をおすすめしています。

プログラム内では、赤ちゃんとの胎話を練習する胎話セラピーを取り入れています。

たとえ医療介入があったとしても、赤ちゃんとコミュニケーションができていれば何も問題はありません。

お母さんは必ずお腹の赤ちゃんと胎話できると信じています。

同じ考えをお持ちのママの皆さん、AHB出産プログラムの参加をお待ちしております。