最近、自分の浄化のためにオーラヒーリングを習得。

チャクラ石を使った遠隔ヒーリングもできると知り、遠く離れた母親をヒーリングしようと勉強を始めました。

なんて、親孝行な娘だ(笑)

まぁ、いずれはプラスアルファで仕事にできないかな〜とは考えています。

auracolour

オーラは誰もが見ることができるってご存知でしょうか?

私もそんな記事をどこかで読み、自分の手で試したところ色が見えたのが始まりです。

このことはアメブロにも書いています。

オーラって上の画像の様に鮮明には見えませんし、見えにくい人もいます。

私はたまたま初トライで見えてしまったのですが、訓練次第で誰でも見れるようになるのです。

一時、3D立体画像が流行りましたよね。

3D画像って目が良くなるらしいのですが、オーラを見る訓練にもなりますよ。

 

そもそもオーラって?

簡単に言うと、人体から発せられるエネルギー=生命体エネルギーのことでしょうか。

1935年、ノースロップとバーという二人の学者が発表した説は、

“全ての生命体の周りには電気力学的な磁場(=L(Li-fe)磁場)が存在している”というもの。

これが、いわゆるオーラのことだと言われています。

そして、このオーラの色はどのように決まるのか。

実は、オーラはチャクラの影響を受けています。

cakra

チャクラとは、簡単にいうと生命エネルギー。

人体には、エネルギーセンターと言われる基本のチャクラが上図のように7箇所あり、内分泌系と繋がっています。

そして、魂はチャクラというエネルギーを通して肉体と繋がっているのです。

健康(心身の状態)は、全てのチャクラの間を流れるエネルギーのバランスによって大きく左右されます。

チャクラのどこかでエネルギーが抑圧され、さえぎられると、チャクラに対応する体の部分に病気が現れるということになります。

難しいのですが、チャクラは開きすぎても、閉じすぎても良くありません。

最新の研究で、怒りっぽい人は、そうでない人に比べ、心臓発作を起こす可能性が高いと報告されていますが、

第3チャクラが開きすぎると怒りっぽくなるのです。

また、ネガティブな感情はチャクラエネルギーの流れを妨害し、病気を引き起こす原因となるので、溜め込まずに手放しましょう。

チャクラエネルギーはオーラにも反映されるため、チャクラが乱れるとオーラが濁ります。

つまり、オーラが濁って見えない人は心身の状態が良くないと言えます。

逆に、自分のオーラが濁っている時は、当然他人のオーラも見えないです。

 

私達はエネルギー体そのものです。

エネルギーとしての自分をもっと知ることが、心身の健康に繋がるのではないでしょうか。

チャクラやオーラは、普段私たちが何気に身につけているパワーストーンやジュエリーの影響をとても受けています。

色や音とも密接に関係しているので、身に付けている服装の色や耳にする音も。

様々なヒーリングの種類があるので、ご自分に合ったものを一つ見つけることをオススメします。

大切なのは目に見えないものに気付こうとすることです。