グラウンディングとは

グラウンディングという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

英語そのものの意味は、接地・アース・グラウンド接続などと出てきます。

が、日常でグラウンディングという言葉を使うときは、

スピリチュアル的な要素で使うことが殆どのような気がします。

スピリチュアル的での意味は、一言で言うと「自分自身が地球と繋がる」こと。

言い方を変えると「地に足つけてしっかりと現実を生きる」ことです。

 

グラウンディングができていない人

悩みを抱えて停止したままの人は、殆どグラウンディングができていない人です。

〝今、ここに生きていない〟から。

何が起こるかわからない将来のことを勝手に想像して不安になる。

未来は何が起こるのかなんて誰にもわかりません。

それは、あなたの行動で決まるのです。

勝手に想像している不安な出来事が起こらないようにするには、

今、何をすれば良いかを考えることです。

過去の出来事がいつまでも忘れられず、そのことばかり考えてしまう。

今、あなたが楽しいと思うことが何かを考え、

それを実行することに目を向けてみて下さい。

なぜこんなことに?どうしてこうなったんだろう?と

起こってしまった過去の出来事の理由を考えるのではなく、

今何ができるか、どうすれば良いか、今から実行することを考えましょう。

 

人間関係の悩みも同じです。

私はいつも〝自己チューのすすめ〟と言っているのですが、

自分のことをもっと好きになって自信を持って下さい。

ある意味〝嫌われる勇気〟とも言えます。

人間関係に関しては、もちろん一言では言えない様々な要素があるのですが、

まずはやはり自分に目を向けましょう。

自分優先で日常生活を送って下さい。

自分優先というと少し誤解されがちですが、他人に迷惑をかけてまでというのではありません。

自分が楽しくなること嬉しくなることに一生懸命になることです。

意識が今ここにないから、意識があちこちに飛び悩みが生まれるのです。

なぜ、グラウンディングができていないのか

原因は主に二つ。

①チャクラの詰まりや滞りが原因

感情や食生活の乱れからチャクラが詰まり、オーラパワーが弱化します。

オーラが弱化すると他人の影響を受けやすく、病気でなはいのですが、常に体調不良を訴えている人が多いです。

②過去にあった出来事が原因

自分に自信がない人、いつも文句ばかり言っている人、極端な夢見る夢子ちゃんも。

潜在意識が現実に目を向けないようにしているケースです。

電磁波の影響で宇宙エネルギーが受け取りにくくなっていると言われますが、

現実的に電磁波を避けるのは難しいのが現代社会ですね。

だからこそ、あえてグラウンディングで地球と繋がりたいものです。

 

イメージワークによるグラウンディング

〝木になるイメージワーク〟によるグラウンディングをオススメします。

イメージワークは家の中で簡単にできます。

立って行っても良いですし、あぐらのような楽なスタイルで座って行っても良いです。

①まずはゆっくり深呼吸を3回ほど行います。

頭の上から全宇宙のエネルギーが入ってくるのをイメージしながら鼻から息を吸います。

そして吸った倍の時間をかけて口から息を吐きます。

吐き出す際は、体の中の負のエネルギーが全部出ていくことをイメージします。

②深呼吸の後は通常の鼻呼吸に戻します。

立った場合は足先から、座った場合はお尻や足から根が生えるのをイメージします。

生えた根が地球の中心まで伸びていき、しっかり大地に根付くところを想像して下さい。

③今度は頭の先から枝が伸び、宇宙の果てまで届いているところをイメージします。

④あなたの体は木の幹です。

どっしりと構え、大宇宙と地球の中心としっかり繋がっている大きな木です。

清々しい空気を感じ、あなたの心も体も癒され、地球と宇宙のパワーに満たされます。

このイメージワークはグラウンディングだけでなく、

宇宙とも繋がることでチャクラを活性化させる効果があります。

 

〝木になるイメージワーク〟は、どんな人にもオススメです。

AHB(アタッチメント・ヒプノバース)自然出産プログラムでも

このイメージワークを取り入れています。

体がリラックスし、精神的な安定にも繋がるからです。

実はうつ病の人にもオススメで、うつカウンセリングでもお伝えしています。

気分が落ち込んだ時に、是非やってみて下さい。