Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

分娩台での出産は誰のため?

現在、産婦人科で出産する場合、殆どが分娩台の上での出産です。

最近は、フリースタイル出産ができる病院もありますが、まだまだ数は少ないように思います。

そもそも、分娩台というのは妊婦さんのためのものではありません。

赤ちゃんを取り上げるお医者様にとって都合が良いのが分娩台。

万が一の場合に分娩台だとすぐに応急処置もできるからです。

素早く処置できるという意味では確かに良いのかもしれませんが、

例えばリスクの高い妊婦さんや、希望する妊婦さんだけにするという選択ができれば良いですね。

産婦人科医が減少している中、一人一人の希望は聞いていられないのかもしれません。

昔は座ったスタイルで産んでいたそうです。

赤ちゃんは下に降りてくるので、本来はそれが自然な気もします。

オススメはフリースタイル出産

出産する際、楽な姿勢というのは人によって様々です。

やはり自分の好きなスタイルで産めるフリースタイル出産は良いと思います。

分娩室では医師や看護師が主体となって出産をコントロールしているイメージですが、

フリースタイルは基本お母さんと赤ちゃんが主体になって出産ができます。

まさに、Thank❤︎youが目指す「産まされるお産」ではない「産むお産」です。

誰に邪魔されることなく、自分のペースで、産みたい姿勢で出産することができます。

これは、妊婦さんにとっては精神的・肉体的負担がかなり軽減されると思います。

負担が軽減されると、それが精神的リラックスに繋がり、出産に向けた体の変化がスムーズに進むのです。

水中出産や布団の上での出産など、環境も自由に選択できる病院もあるようですので、

どんな出産環境、出産シーンを望んでいるのかによって病院が決まってくると思います。

LDR出産

LDR出産という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

L=Laborは陣痛、D=Deliveryは分娩、R=Recoveryは回復という意味。

陣痛が始まり、出産し、その後回復するまで、すべて一つの部屋で過ごせる出産方法です。

医療設備も備えた部屋で、出産時にはベッドが分娩台に早変わり。

産後は再びベッドになり、そこで回復期を過ごし入院生活を送ることができます。

分娩時以外、医療機器は収納されているため、家庭的な雰囲気の中で過ごすことができます。

一つの部屋でずっと家族や知人と一緒に過ごせプライバシーも守られます。

陣痛が来てから分娩室に移動しなくてよいため、妊婦さんにとっては精神的・肉体的にも負担が軽くなります。

陣痛がピークのときに、出産する部屋までの移動が苦痛だったという声はよく耳にしますので有り難いですよね。

ただ、日本の産院では、陣痛室と出産室が別なのが主流。

設備がある産院は限られており、入院費は結構高めになります。

LDRでフリースタイル出産ができれば良いですね。

アメリカの帝王切開率

アメリカは、4人に1人が帝王切開での出産だそうです。

以前、読んだ資料では訴訟社会だからと記憶していました。

分娩時に万が一何かあった場合、すぐ訴訟になります。

リスクが高そうな人は、初めから帝王切開を勧められるようです。

私の知人でアメリカで出産した人がいます。

彼女は身長150cm弱。

妊娠がわかったときから、出産は帝王切開の方がいいですねと言われたとの事。

体が小さいので体力的に無理だと思われたようです。

アメリカ人からすれば、身長150cm弱の彼女は全くの子供に思えたのでしょう。

今回、アメリカの帝王切開率をしらべようとググったところ、新たな驚きの事実を知りました。

“アメリカでは過去20年間に渡って母体死亡率が増加し続けている世界でも例のない国”

医学が進歩しているのに増加って・・・

実は、アメリカの母体死亡率が発展途上国よりも高いのです。

主な原因は、

①アメリカの出産の1/3が帝王切開だということ

②肥満が出産に悪影響を及ぼしている

①の帝王切開については、ぜひ「帝王切開が増える本当の理由」の記事を読んでいただきたいです。

記事の内容は日本のことですが、アメリカの帝王切開率が高いのは、やはり肥満の妊婦が多いからなのでしょう。

予防のための不必要な医療介入ということです。

日本もやがて同じ道をたどる可能性は否定できないと書いてあります。

そして、②の妊婦の肥満。①と②は関連しているということです。

帝王切開の多い国アメリカから入ってきたのが分娩台。

帝王切開が増えている日本。

今後、麻酔による無痛分娩も増えていきそうな気がします。

今後、日本もアメリカと同じ道をたどっていくのでしょうか。

AHB自然出産プログラム

AHB出産プログラムは、なるべくバース・トラウマにならないように、自然な出産を目指すプログラムです。

妊娠初期からの赤ちゃんとのアタッチメントを重視し、胎話をすすめています。

プログラム内では、赤ちゃんとの胎話を練習する胎話セラピーを取り入れ、

生涯において重要な、家族のコミュニケーション能力が育まれることを目指しています。

たとえ医療介入があったとしても、赤ちゃんとコミュニケーションができていれば何も問題はありません。

お母さんは必ずお腹の赤ちゃんと胎話できます。

胎話 ➡︎ 体話 ➡︎ 対話。

Thank❤︎youは、この三位一体話を最重視しています。

スポンサーリンク