Pocket
LINEで送る

無痛分娩という言葉

整体の創始者である野口晴哉さんの著書『育児の本』から抜粋します。

出産というものは無痛でなされるものです。
それを、痛みがないと出産出来ないように思い込んでいる人が多いために、出産ということが痛く、又、そうであるように伝えられ、伝えられたことを鵜呑みにすることによって痛いもにになっているのです。
(省略)
出産というものはもともと痛みとは関係が少ないもので、出産の行われるのは運動神経の緊張と収縮によるものですから、心静かに経過を見れば痛みというよりは収縮感、張る感じによって経過しているものなのです。

出産時の体の動きや仕組みを知ることで、出産に対する考え方が変わり自然な分娩へと繋がります。

分娩に〝無痛〟をつけること自体が不自然なのです。

麻酔による無痛分娩

ネット情報によるとフランスでは、ほぼほぼ100%、アメリカでは約80%が麻酔による無痛分娩のようです。

それに比べると日本はまだそれほど普及していません。

人それぞれ価値観が違いますので、麻酔を使用する無痛分娩には賛否両論あります。

私個人的には賛成できかねます。

それは、明らかに〝不必要な〟医療介入と思えるからです。

分娩時に止むを得ず陣痛促進剤を使ったり帝王切開をするのは〝必要な〟医療介入なので、自然の流れの一部として〝自然分娩〟という見方もありかなと思っています。

ですが、最初から麻酔で出産すると決めているケースは、違うのではないかと感じます。

バース・トラウマへの影響としては、無気力になったり薬物依存症になると言われています。

フランス人が全員そうでないことからわかるように、バース・トラウマが全ての人に当てはまるものではないこと、万が一あったとしても出産後の親子関係で改善できるということが言えます。

日本産科麻酔学会のHPには無痛分娩に関するQ&Aが掲載されています。

ご興味のある方は一読をオススメします。

日本よりも麻酔による無痛分娩が普及している欧米でも、麻酔による事故の事例は多数あります。

どんな出産にもリスクは付きものですが、安易に麻酔に頼るのではなく、慎重に検討する必要はあると思います。

woman has a peridural anesthesia by child birth

帝王切開の麻酔と無痛分娩の麻酔の違い

帝王切開と無痛分娩は全く別のものです。

どちらも麻酔を使いますが、帝王切開は手術ですのでより強い麻酔になりますし、母子に危険が及ぶ可能性がある場合は全身麻酔になります。

それに比べ無痛分娩は、分娩を手助けするという考えのもと硬膜外麻酔による下半身だけの痛み止めです。

まれに無痛分娩で下半身の感覚が鈍くなり、いきむことができないために帝王切開になる場合があるようです。

自然の出産で〝いきみ〟は必要ないのですが・・・

出産に対する考え方

そもそもどうして麻酔による無痛分娩という選択を考えるのか、です。

精神疾患などの病気を抱えている人は別として、全ては、出産が痛いものだという考えから、それを回避しようという思いから来ているのではないでしょうか。

視点を変えると新たな気付きがあるものです。

女性は出産に対する知識をもっと持つべきだと思います。

本番の試験のために、受験生は必死で勉強します。

受験勉強をせずに本番の試験に臨のと、してから臨のとでは、結果は明らかに違いますよね。

それと同様に、妊婦さんも10ヵ月後の出産に備えて出産のお勉強をしましょう。

10ヵ月もあるんですよ!

準備期間はたっぷりです。

冒頭で紹介した『育児の本』は、まさにお勉強にピッタリの教科書。

妊婦さんだけでなく、これから出産するであろう全ての女性に是非読んでいただきたい本です。

自然出産のすすめ

無痛分娩は、個人的には賛成しかねると言ったものの、精神面でプラスの影響を与えることは事実なので、全否定はしません。

どんな出産をするにせよ、もっとも重要なのは赤ちゃんとの胎話です。

一にも二にも、何が何でも胎話です。

「育児の本」と合わせてプレママさんに是非読んでいただきたい本があります。

自然誕生がどういうものなのか、とても勉強になる本です。

出産時の赤ちゃんとの不思議ストーリーも、いくつか掲載されています。

お母さんは、赤ちゃんのためにも食生活や生活習慣を変えなければならない時もあります。

でも、それは可愛い我が子のためであり、自分のためでもあるのです。