水中出産よりすごい奇跡の海中出産
Pocket
LINEで送る

海中出産の素晴らしさ

今は、病院で出産するのが当たり前になっています。

出産方法を選択できる病院もあるようですが、まだまだ少ないように思います。

私が一番いいなと思う出産方法は水中出産。

赤ちゃんは、そもそも羊水の中にいますからね〜いきなり肺呼吸するより水中に飛び出す方が自然です。

実は、最近、海中出産をした夫婦のブログに遭遇しました。

若い夫婦なのに素晴らしいなと感動しましたよ。

愛と真実と光を貫く♡

出産はとことんリラックスして安心して、自分の好きな体勢でいられたらすごく気持ちのいいものだと思います。

本当にそうだと思います。

海中出産に関しては以前から知っていましたが、まさか日本で実行されている方がいたなんて驚きです。

先ほど、一番おすすめは水中出産と書きましたが、本当のところは海中出産なんですよね。

日本で海中出産ができればの話ですが・・・

日本で、海中出産に理解を示すお医者様はいるのでしょうか(笑)

このご夫婦も、医師に頼らず自分たち夫婦だけで出産されていて、ただひたすら偉いな〜と。

もちろん、色々自然出産について勉強されていて、へその緒を切ったのも生まれて二日後と書いてありましたね。

イルカと一緒に海中出産をしたロシア人女性の話

海中出産の海外での事例をご紹介します。

著者が知人の娘さんの出産に一緒に立ち会ったときの話です。

彼女は黒海の深さ60cmほどの水中に横たわって出産を待っていました。

すると3頭のイルカがやってきて皆を押しやり、その役を代わってしまいました。

イルカたちは何やら彼女の体をスキャンするかのように、頭のてっぺんからつま先まで何度もチェックしました。

私(著者)にも似たような経験がありますが、それは人体のシステムに何かをしているのです。

彼女の出産はほとんど痛みも恐怖もなしにすみました。

それは途方もなく素晴らしい体験でした。

イルカにお産婆さんになってもらったという彼女の体験は、今や世界中に広まる新しい水中出産方式になりつつあります。

どうやら出産時にイルカたちが放つ音波には、何かしら妊婦をとてもリラックスさせるものがあるようです。

(中略)

イルカは人間の誕生の場面に遭遇すると、とても興奮します。

大好きみたいです。

素敵な話だと思いませんか。

日本でも、イルカと一緒に海中出産ができると良いのですが、難しそうですよね〜

まずは海水が温かい夏しかできないですね。

イルカが浅瀬まで来てくれそうな浜辺が日本にあるんでしょうか。

水中出産でさえ不衛生だと仰るお医者様がいますので、海中出産なんてとんでもない話のような気がします。

幸せを運ぶイルカ

イルカは赤ちゃんが大好き❣️

赤ちゃんがいれば、まず赤ちゃんのところへ寄って来ます。

赤ちゃんがいなければ、子供のところへ。

基本的に遊び好きなので、機嫌が良い時は人間と一緒に遊びたがります。

理由は不明ですが、赤ちゃんはテラヘルツ波を出しているからではないかなと推測します。

私たちも赤ちゃんのテラヘルツ波によって癒されますが、イルカも同じなのかもしれません。

ひょっとするとイルカもテラヘルツ波を出していて、同類だと思っているのかもしれませんね〜

イルカは海の天使です🐬

そばにいるだけで、私たち人間の波長を癒してくれます。

そんな海の天使・イルカと一緒に海中出産する、ってどう思われます?

ロシアでは、お産婆のイルカの立ち合いで生まれた子供たちが何人かいるらしいのですが、皆とても優秀だそうです。

一人も知能指数150を下回る子はいなくて、全員がとても安定した感情体と強く発達した肉体を持っているとか。

妊婦さんがこれを読んだら、ぜひイルカと一緒に海中出産したいと思うのではないでしょうか。

でも残念ながら、日本では水中出産が精一杯でしょうかね。

もし海中出産に挑戦される方がいらしたら、ぜひご連絡いただきたいです 😀

勉強のために立ち会わせていただきたいのと、リズム出産バイブルも活用していただきたいなと思います!

水中出産

先ほどの黒海で出産した女性は、ロシアのイゴール・チャコルフスキー博士の娘さんです。

彼女自身も水中出産で生まれています。

ロシアは水中出産の先進国で、チャコルフスキー博士は300例以上の水中出産を手懸けています。

水中出産で分娩をした女性の中には、子供が生まれる20分もの長い間、途切れることもなくずっとオルガスムの状態にあった人もいたそうです。

これに関しては以前ブログ記事に書いています。

お産について学ぼう-4

また、生まれた子供たちは水中の底に潜って眠るとか。

10分おきぐらいに浮かび上がって顔を水面に出して息をしは又水の底に潜る。

彼らはホモ・ドルフィナス(イルカ人間)と呼ばれていたそうです。

赤ちゃんが泳げるのは映像で観たことがありますが、水底で眠っているのは観たことないですね〜

水中出産で生まれた子供は、バース・トラウマなんてないでしょうね。

日本で海中出産は難しくても、水中出産なら可能ですよね。

より自然な出産を希望するなら、水中出産を検討してみては?

妊婦さんであるお母さんが希望している出産スタイルが一番ですが、できれば分娩台での出産は避けて欲しいというのが正直な意見です。

フリースタイル出産と言って、畳の上で出産できる病院などもあるようですよ。

海中出産は無理としても、妊娠中にイルカがいる海へ出かけて海水浴ができればいいですね〜

イルカたちが寄ってきますよ🐬

Pocket
LINEで送る