うつ病治療の現状

うつ病の方が年々増え続けているのは、なぜかご存知でしょうか。

その原因は、投薬治療だと言われています。

薬に頼らないカウンセラー看護師 弥永 英晃さんは、著書「やさしいうつの治し方」で〝うつは抗うつ剤では治らない〟と主張しています。

新宿溝口クリニック院長 溝口 徹先生も、著書「うつは食べ物が原因だった」で〝うつ病に対する投薬治療が最大の問題〟と仰っています。

そもそも、病院で処方される薬や市販されている薬は、すべてに副作用があります。

この世の中に副作用のない薬は存在せず、漢方薬も例外ではありません。

そして、薬物治療は一時的に症状を抑えるだけの対処療法であり、根治療法ではありません。

全ての薬は一時的に症状を抑え込み、脳に作用して麻痺させているだけであり、症状の原因に働きかけているわけではありません。

日本の医師が処方する睡眠薬・抗不安薬は、依存性(中毒性)が高いことが厚生労働省により警告されています。

1999年、抗うつ剤のSSRIが日本で認可され、その後10年でうつ病患者は倍増したという話は有名です。

そして、それに比例するように自殺者の数も増えています。kusuri

抗うつ剤が自殺の一因になっているのは明らかです。

にもかかわらず、投薬治療のみに頼らざるを得ない現状。

あなたの体を蝕む投薬治療を見直してみませんか?

うつの原因

うつ病の原因はどこにあるのでしょう。

一般的にはストレスと言われていますが、全てがそうでしょうか?

食べ物によって、うつ病になるという話を聞いたことはありませんか?

新宿溝口クリニック院長 溝口先生曰く、食傾向の誤り⇨脳の栄養不足⇨神経伝達物質のバランスの崩れ⇨うつ症状、と仰っています。

心の変化には脳が深く関わっており、そして脳のトラブル=腸のトラブルなのです。OL

栄養療法でうつ病を含む心のトラブルを克服できるということです。

うつに限らず、身体の不調の原因が食べ物=栄養に関係していることは間違い無いでしょう。

なぜなら、私達の体、心(=脳)をつくっているのは、日々口にする食べ物だから。

 

また、薬に頼らないカウンセラー看護師 弥永 英晃さんは、うつの根本の原因は潜在意識に入り込んでしまった幼少期のトラウマ、と仰っています。

うつに限ったことではなく、考え方の癖(怒り・傷心・恐怖・悲しみ・罪悪感・制限)の殆どは幼少期のトラウマが原因です。

人間が持つ「信念」「価値観」「行動基準」の殆どは、生まれてから現在に至るまでの暗示の影響です。

知らないうちに何度も繰り返し見たり聞いたりしたものが、次第に定着しています。

特に発達期の脳波は催眠状態と言われており、子供は両親や周囲の人の影響を抵抗する術もなくそのまま受けていることになります。

幼少期に深く傷ついた心(トラウマ)は、それを二度と思い出さないように潜在意識の奥深くに閉じ込めてしまうのです。

それが、何かのきっかけである日突然〝うつ〟という症状になって現れるのです。

うつカウンセリング

Thank❤︎youでは、スカイプによるうつカウンセリングを行っています。

うつの方は、外出が辛いと感じる方もいらっしゃいますのでスカイプに致しました。

残念ながら、現在、投薬治療中の方へのヒプノセラピー(催眠療法)はできません。

最初は、心の重荷を解放するイメージワークになります。

utsu_manココロとカラダは繋がっています。

心の重荷が負のエネルギーとなり体に滞り、体を動かなくしている一因です。

継続してカウンセリングを受けることが、経済的に難しい場合は、ご自身でのワークをお勧めします。

薬に頼らないカウンセラー看護師 弥永 英晃の著書『‐薬に頼らずラクになる‐やさしいうつの治しかた』はとても素晴らしい本です。

この本に書かれてあるワークもオススメです。

ワークを続けることで徐々に症状が改善されていくことを実感してくと思います。

サプリメントの併用

Thank❤︎youでは、うつの方皆様にドリンクタイプの核酸サプリメントをお勧めしています。

理由は、核酸が神経組織を再生する脳の栄養素の役割があると言われているからです。

前出の新宿溝口クリニック院長 溝口先生が、神経伝達物質のバランスの崩れからうつを発症すると仰っていることから、

核酸は、まさにうつの方に効果のあるサプリメントだと思っています。

さらに、Thank❤︎youで取り扱っている核酸サプリメントはストレスケア日比谷クリニック院長 酒井先生の推薦もいただいております。

抗うつ剤の効き目は6割、核酸サプリメントの効き目も6割とのこと。

抗うつ剤には副作用があるのに対し、核酸サプリメントは副作用がなく赤ちゃんから高齢者まで誰もが飲用できます。

同じ効き目であれば副作用のない方が良いと思いませんか?

最初は掛かりつけのお医者様と相談をしながらお薬との併用になると思いますが、

最終目標はお薬を飲まなくとも日常生活が送れるようになることです。

うつの完治・克服には、発症してからの経過年数と同年数が必要と言われていますので、

焦らずゆっくり取り組んでいきましょう。

投薬治療では一時的に良くなることはあっても、完治・克服はあり得ないと思っています。

このことは『やさしいうつの治し方』にも書かれていますので、ご一読をお勧めします。

著者の弥永 英晃さんは、ご自身がうつを克服されていらっしゃるので、とても説得力があります。

うつの方への核酸ドリンク効果

doctor

 

核酸ドリンクの定期購入をお申し込み頂いた方は、2回目以降のうつカウンセリング料は半額となります。

お医者様が即効性を認めているサプリメントで、新しい一歩を踏み出しましょう!

産後うつ・更年期うつの方もお気軽にご相談下さい。

 

皆様が、1日も早く、心と身体の健康を取り戻す日が来ることを願ってやみません。

 

book_button

 

depression