人間がトラウマになる理由
Pocket
LINEで送る

トラウマが作られる過程

ソマティック・エクスペリエンシングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

主に、恐怖体験によるフラッシュバック、パニック障害、不眠などに悩んでいる方のためのトラウマ療法です。

開発者は、アメリカの神経生理学者・心理学者のピーター・ラヴィーン博士。

このトラウマ療法のしくみは、博士自身の事故体験でも実証されています。

トラウマを解放するには、まずトラウマがどのようにして作られるのかを理解することも必要だと思います。

トラウマとは

トラウマとは、衝撃的な恐怖体験が原因で起きる心の傷のことです。

体験そのものを〝外傷体験〟と呼び、外傷体験の記憶のことを〝トラウマ(心的外傷)〟といいます。

トラウマは、本人の意思に反して不意に思い出され(フラッシュバック)、恐怖を再体験します。

この状態が繰り返され、日常生活に支障をきたすのが、PTSD(心的外傷後ストレス障害)です。

トラウマの多くは、外傷体験自体を完全に記憶から消し去り、体験と感情だけが結びついたものです。

野生動物がトラウマにならない理由

人間は、死を覚悟するような恐怖を感じた場合、トラウマになります。

ですが、捕食動物に襲われて恐怖を感じる野生動物は、決してトラウマにはなりません。

同じ動物なのになぜ違うのでしょう。

本来動物は、自然で本能的にエネルギーを解放する術を知っています。

野生動物は捕食動物に狙われていると察知した際、硬直(死んだふり)してエネルギーを貯めます。

動いている動物しか狙わない捕食動物の場合、隙を突いて逃げ出すことができるからです。

敵が襲ってくれば、闘争か逃走を選択しエネルギーを消費します。

ですが何もせず敵が立ち去れば、襲われた動物は硬直状態を解き、身震いをしてためこんだ過剰なエネルギーを解放するのです。

このプロセスこそが、動物が身に起こる脅威や危険を〝トラウマ〟として抱えずにすむことができる理由です。

これは原始的な脳による、本能に基づいた行動であり、野生動物は自然に行なっています。

人間がトラウマになる理由

人間も動物なので、本来は野生動物がするようなエネルギーの解放ができるはず。

ですが、あまりにも発達した脳の知的部分(大脳新皮質)により、エネルギーの解放がなされないままなのです。

そのしくみを、簡単に説明します。

人間は、恐怖を感じると交感神経が極度に興奮し、体にエネルギーをため込みます。

これは「闘争か逃走」反応といい、緊急時に備えて身体がすぐ反応できるようにするためです。

闘争か逃走をすれば、ためこんだエネルギーは消費されますが、闘争も逃走もできなかった場合・・・

体は凍りつき(硬直し)、第三の選択肢である停止状態になります。

停止状態は、その瞬間の苦痛を感じずにすむというメリットがあります。

これは、意識が身体にとどまっているのがあまりに衝撃が強く危険な場合、苦痛を避けるために自動的に肉体から感覚を切り離した状態=解離(かいり)状態になることです。

交通事故に遭った人や性的虐待の被害者が、その出来事をはっきりと覚えていなかったりするのは、このせいです。

停止状態では、本来、解放されるべきだった過剰なエネルギーは、硬直が起こったままの状態で行き場を失います。

神経系の中で解放されず、蓄積されたままになってしまった過剰なエネルギー。

ラヴィーン博士は、この行き場を失って蓄積された過剰なエネルギーが、トラウマに起因する色々な症状を作り出していると考えたのです。

闘争か逃走反応

私たち動物が危機状態に面した時にとる行動が「闘争か逃走」反応です。

危険・恐怖・不安などに直面した際、まずは逃げることを試みますが、逃走が阻害された場合は闘争を選択します。

ですが、恐怖のあまり闘争ができない場合は、第三の選択肢である停止になります。

この「闘争か逃走」反応には、私たちの身体の自律神経(交換神経・副交感神経)が大きく関わっています。

活動時に働くのが交感神経、安静時に働くのが副交感神経だということは、ご存知ですよね。

この「闘争か逃走」反応が起こると交感神経が優位になり、血流や呼吸を促進し、エネルギー源を動員して集めます。

身体的な特徴としては、心拍数が上がる、血圧・血糖値の上昇、瞳孔が開くなどです。

そして、第三の選択肢である停止ですが、ラヴィーン博士は独自の見解で二種類あるとしています。

①麻痺して体が凍りつく

②圧倒的な無力感で脱力し崩れ落ちる

①は、衝撃的な事故や災害に遭遇した場合などです。

この場合は、状況の精査を行い、行動をおこす時があります。

災害回避のために物を動かしたり誰かを助けたりした時、闘争反応となり過剰エネルギーを解放します。

火事場の馬鹿力は、この過剰エネルギーの力です。

②は、虐待やイジメ、レイプの場合などです。

鎮痛状態では、被害者は自分の身体の外からその出来事を目撃しているかのように、あたかも誰か他の人間に起こっていることのように思われるのです。

これは、自分ではないと思い込むこと(解離)で苦痛を和らげ、時には無感覚になります。

状況の精査も行えないほど凍りつき、停止した状態となり、過剰エネルギーは神経系に蓄積されたままです。

トラウマを解放するには

トラウマを抱えている人は、いわゆる停止状態です。

この停止状態は、体に過剰エネルギーが蓄積されている状態が続く限り継続しています。

なぜなら、エネルギーが蓄積されているということは、神経系の中では、停止状態となったきっかけの出来事はまだ終わっていないからです。

トラウマとは、停止状態に関わる身体感覚が呼び起こした恐怖に対する防衛反応。

トラウマを解放する方法は色々存在します。

ソマティック・エクスペリエンシンは細胞の記憶にアプローチ。

ヒプノセラピーは潜在意識にアプローチ。

この二つの療法は、トラウマの原因となった恐怖体験を追体験します。

追体験をすることでトラウマは解放されるのですが、どうしても追体験が嫌という人には向いていません。

他に、薬物療法・カタルシス療法・認知行動療法などがあります。

薬物療法(心療内科の受診)はあまりオススメはできません。

心の病気は薬で治らない、という絶対の自信があります。

人間はどんな病気も必ず自分で治す力を持っています。

薬を飲んだら治る、病院に通っていたら治る、この先生すごい先生だから言うことを聞いていたら治る。

他人に頼ってばかりの人は、自分で治す力を取り戻すことができません。

同じうつを発症しても自分で治す人、同じような恐怖体験をしてもトラウマにならない人もいます。

おそらく、動物の本能的なエネルギーの解放を、本人が自覚しないまま自然に行っているのだと思います。

過酷な体験を自分の中で棚卸しをし、自然に解放しているのでしょう。

病気を治すには、自分の意思で治してみせると思う気持ちが一番大事です。

その気持ちこそが、一番の薬です。

自分自身に降りかかった病気なので、病気を一番よく理解しているのは自分自身。

自分で治そうという意思さえあれば、必ず克服できるはずです。

トラウマの大きさにもよりますが、体内に溜まったエネルギーを発散させるにはスポーツが一番。

心から楽しいと思えるスポーツに没頭し、要は体を動かすことです。

そうすることで、自然に体内から負のエネルギーが解放されていきます。

野生動物は身震いをして一瞬に解放しますが、長年蓄積された負のエネルギー感情はそうはいきません。

気長にスポーツを楽しんでください。

個人的には、日本古来の武道系がオススメですね。

なぜなら精神鍛錬も備えているからです。

あとは、もっともっと病気について理解することも忘れてはいけないと思いますよ!

身体はトラウマを記録する

脳・心・体のつながりと回復のための手法

Pocket
LINEで送る