Pocket
LINEで送る

日本は自殺死亡率が高い国だということをご存知でしょうか。

なんと、交通事故死亡者数の約7倍。

近年は減少傾向にあるものの、若い世代(15〜39歳)の死因の第一位は自殺です。

とても悲しいことですが、これが日本の現実。

もっともっと多くの人が、この現実に目を向けて何か対策を考えなくてはいけないと思いませんか?

今日、ある男子大学生の自殺に関する記事を読み、ブログに書かずにはいられなくなりました。

向精神薬が自殺を招く

彼は大学に入学してまもなく、心療内科にかかっていたようです。

向精神薬の量が徐々に増えていき、ある日過剰服用により病院へ搬送。

一命はとりとめたものの、一年後に投身自殺。

自殺する前は、一日30錠以上も服用していたとのこと。

助けてあげる大人が近くにいなかったのかと、とても残念に思いました。

心療内科医に対する疑念

22歳の大学生に1日30錠もの服用を許可する医師は、もはや医師とは言えないと思います。

未必の故意に匹敵する殺人者としか思えません。

ですが、こういった心療内科医が多いのが現状ではないかと推測します。

複数の病院に通っていて、患者が勝手に過剰摂取してしまうケースもありますが、

彼の場合はたった1人の医師から全ての薬を処方されていたとか。

本当に信じられないです。

そもそも、心療内科医の仕事はカウンセリングです。

ところが、きちんとカウンセリングができる医師は少なく、薬を処方することが仕事になっています。

これでは、心療内科の医師とは言えないと思います。

薬を処方するだけなら薬剤師でもできます。

親への疑念

自殺した大学生の母親は、息子がこれほど向精神薬を服用したことを知らなかったそうです。

なぜ?という疑問が出て仕方ありません。

離れて暮らしていたようですが、過剰服用で病院へ搬送された時点で気付いてあげるべきでした。

薬に対する不安や病院に対する疑問は芽生えなかったのでしょうか。

当の本人は、それが気付ける精神状態ではないと思います。

やはり身近にいる親が守ってあげないと、一体誰が子供を守るのでしょうか。

諸事情があったのだとは思いますが、病院搬送された時点でもっとこの息子さんに注意を向けるべきだったと思います。

せっかく一命をとりとめたにも関わらず、天から与えられたチャンスを生かすことはできませんでした。

亡くなった大学生のご冥福を祈るばかりです。

心の病気は薬では治せない

〝心の病気を薬で治す〟ことに疑問を持ったことはありませんか?

心の病気は、決して薬では完治しません。

心の病気の原因は、目に見えない心にあるからです。

心の病気が本当に薬で治せるなら、惚れ薬が市販されているはずです。

以前から何度もブログでお伝えしていますが、薬は症状を抑えるためだけのもので、根本治療ではありません。

根本原因を取り除かない限り、完治はありえないです。

私は、向精神薬は麻薬と同じだと思っています。

一度飲み始めると、なかなか手放せなくなるものです。

極端な例ではありますが、元気のない人に麻薬を与えて一時的にハイにして陽気にさせている状態。

一見、元気になったので薬が効いたようだと喜びますが、徐々に同じ量では効かなくなり、量が増えていく。

確かに見た目は元気になるのですが、一方で肉体そのものや神経系はボロボロになっています。

一見、完治したように見えても、それは完治ではないということです。

うつ病の再発率が高いのはこのためです。

心療内科の数に比例して、うつ病や精神疾患の患者の数、そして自殺者が増えていると感じずにはいられません。

自立型健康のススメ

ガン撲滅に力を入れている宗像久男医師は「何も知ろうとしないのが素人」とダジャレで真実を仰っています。

「私たちは素人なので、全部お医者さんに任せます」と言う患者が多いということです。

自分の体のことなのに、どうして人任せにするのでしょうか?

そもそも、そういう依存型思考の人が病気になりやすい人なのです。

病気の人に、元気になったら何をしたいですか?と質問すると「・・・・」な人が多いそうです。

したいことがないのです。

答えたとしても、

「会社に迷惑をかけているから、1日も早く仕事復帰しなきゃ

「〇〇の面倒をみてあげなきゃ

これって、自分のしたいことではないですよね。

何かのため、誰かのために生きているのであって、自分のために生きていないのです。

体の細胞は、そろそろ自分のために生きなさいよと警告を与えるために病気になっているのです。

病気になるには、必ず意味があります。

病気になって警告してくれた体の細胞に感謝こそすれ、憎んではいけないと思います。

あなたは本当にうつでしょうか

病院で〝うつ〟と診断された。

たとえ誤診だったとしても、あなたはそう告げられた日からもう〝うつ〟になってしまいます。

うつと似たような症状の病気は他にもあります。

お医者様も人間なので間違えることはあるはず。

お医者様の言葉を鵜呑みにしないことが重要です。

そんなこと言っても、素人なんだからお医者様に頼るしかない、と思っている思考がもう問題ありです。

思考が現実を作る、というのは本当です。

〝うつ〟と診断され「やっぱり〝うつ〟だったんだ」と思うと、

体の細胞は、この人は〝うつ〟だと思っているから〝うつ〟にしてあげなきゃ、と動き出します。

私は、今一時的に〝うつ〟なだけ、と思うようにして下さい。

何かあっても、これは元気になる過程の1つなんだ、と思いましょう。

〝治る〟という言葉も使わない方が良いです。

〝治る〟という言葉を使う限り、治さなければならない病気は存在しなければならなくなります。

マザー・テレサは「私は反戦運動には参加しません。平和活動なら参加します。」と言っていました。

〝反戦〟という言葉が存在するためには、戦争の存在が必要です。

〝反戦〟という言葉を使う限り、戦争はなくならないということを知っていたのです。

あなたの言った事が、あなたの現実になります。

宇宙の法則が理解できれば、あなたはうつや病気とはサヨナラです。

うつ改善に向けて

いきなり、宇宙の法則と言われても・・・ですよね。

うつの人は、エネルギーが滞っています。

うつになりやすい人のタイプとして、夜型、食事はコンビニ食や外食、市販薬の常用があげられます。

まずは、毎日の日課として朝日をしっかり浴びて深呼吸をする習慣を身につけてください。

15分くらいが目安です。

朝方に変えることで体の気の流れが変わっていきます。

朝が無理な場合は、夕日を浴びながら深呼吸。

理想は、朝夕することです。

子供の頃から、しょっちゅう薬を飲んでいる人や、食事が不規則だったり栄養が偏っている人は、体内に毒素がたまっている可能性大です。

そこで、重要なのがデトックス。

一番のオススメは、月に一度の3日間断食デトックス。

体内のお掃除とともに、胃腸を休めることができるので一押しなのですが、断食はムリと言う人は多いと思います。

自分にあったデトックス法を見つけて、少しずつ実践してみて下さい。

毒は食べ物だけではなく、日常生活のあらゆるところに潜んでいます。

化学物質まみれの現代社会において、定期的なデトックスは必要不可欠だと思います。

意識して、少し生活を変えるだけで体は自然治癒に向けて動き出します。

周囲に〝うつ〟の人がいる場合は、ぜひ、このことを伝えてあげて下さい。

こんなことでうつが改善するのかと思うかもしれませんが、うつだけでなくどんな病気も、

自然治癒力を発現させるための第一歩は、日光浴・新呼吸・デトックスです。