Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

毎日、無意識にしている呼吸。

少し意識して呼吸をすることで、体や心にリラックス効果をもたらしてくれますよ。

 

呼吸の属性

簡単に呼吸の属性を書いておきます。

呼息&吸息・・・空気を吐く&空気を吸う

胸息&腹息・・・肋骨の運動による呼吸&横隔膜の運動による呼吸

長息&短息・・・長く吐く呼息&急に吐く呼息

鼻息&口息・・・鼻を通路とする呼吸&口を通路とする呼吸

速息&遅息・・・速いリズムの呼吸&遅いリズムの呼吸

順息&逆息・・・腹息の中の分類で、呼息の時に腹が膨らみ吸息の時に腹がへこむのが順息&その逆が逆息

呼吸の三原則

呼吸の三原則とは、属性で言う呼息・腹息・長息のことです。

この三原則に従っているのが、いわゆる腹式呼吸法。

息をゆっくり長く吐き、空気を全部出し切ってお腹をへこませてから、息を吸います。

座禅・武術・芸能の世界においては昔から用いられている呼吸法。

深呼吸しましょうと言うと、必ず先に吸ってから吐いてしまいがちですが、

肺に空気をいっぱい取り入れるためには、先ず空っぽにしておくことが重要です。

そのため深呼吸をするときは、先に息を吐くことから始める方が良いのです。

そして胸式と腹式ですが、腹息の方が肺活量が大きくなり酸素を多く取り入れることができます。

心と体と呼吸の関係

専門家による様々な実験や研究により以下のことがわかっています。

①ストレス状況(緊張状態)下では、息せく状態になり、ゆったりとした呼吸ができない。

②ストレス状況(緊張状態)下で落ち着きを取り戻すには、ゆっくりとした呼吸、特に吐いた後のポーズ時間を長くすれば良い。

③長く息を吐くことは血圧を下げるのに効果的。

④腹式呼吸で長く息を吐くと、リラックス効果がもたらされる。

①は心の状態が呼吸に及ぼす影響、②③は呼吸が体に及ぼす効果、④は呼吸が心に及ぼす効果。

生理学的に、吐くことによって服交感神経が優位に働くことはよく聞きますよね。

長く息を吐く事で、私達の体に良い影響を及ぼすという事がお分かりかと思います。

心と体と動きは密接に繋がっていて、トライアングルの相関関係にあると言われています。

ここでいう動きとは呼吸の事で、毎日少しだけ呼吸に意識を向けることで心と体に変化が現れるのです。

呼吸とストレス

私は、はるか昔ですがスポーツジムのインストラクターをしていました。

インストラクターになるには、生理学など体の仕組みについての勉強が必須です。

その当時習った事で、とても印象的で今でもはっきり記憶している内容があります。

人はネガティブな状況の時は息を吸うことが多い・・・泣くとき、驚くとき、怖いとき

ポジティブな状況の時は息を吐くことが多い・・・笑うとき、趣味を楽しんでいるとき

そして、人間が一生の間にする吸う時間と吐く時間を測ると、吸う時間の方が長いという事。

楽しい時間を持ち、いっぱい笑って健康になりましょうと言われました。

現代人は、常に時間に追われストレス社会に生きています。

ストレスによって呼吸が浅くなり、私が習った当時よりはるかに、吐く時間より吸う時間の方が長くなっているように思います。

あえて、吐くことに重点を置いて意識して呼吸をすることで、心と体をリラックスさせてあげませんか?

1日1回5分から始める呼吸法

①肺の中の空気を全部吐き出す気持ちで、ゆっくり時間をかけて(長く細く)息を吐き出す(お腹をへこませる)

②全部吐ききったと思った後、5〜10秒ほど息を止める

③息を吸う(お腹を膨らませる)

息を吐き切ると吸わずにはいられなくなりますので、自然の流れに沿って息を吸います。

この方法で呼吸をすると、必ず吸う時間より吐く時間の方が長くなると思います。

 

1日1回30分できれば理想ですが、無理は禁物。

自分の体の状態に合わせて、くれぐれも酸欠にならないように自己責任のもとで行なってください。

呼吸を意識することで、他のことを考えなくなるため瞑想にもなりますよ。

呼吸法に合わせて、吐く時にお尻の穴を引き締め、吸う時に緩めると他の筋肉への働きかけもできます。

更に、呼吸と一緒にイメージワークをすることでリラックス効果が更に期待できます。

吐くときは体の中の不必要なものが全て口から白い煙となって出て行くところをイメージ。

吸うときは宇宙や地球のエネルギーが頭頂部から体の中に入っていき、体の細胞が喜んで元気になっていくところをイメージ。

難しいことではないので、できる範囲でやってみて下さいね。

呼吸法の効果

・ストレスの解放

・生活習慣病の予防

・自律神経が安定→免疫細胞の活性化

・ホルモンバランスが整う

・睡眠障害の改善

・痩身&美肌効果

呼吸法で血流が良くなり体温が上がることで、その他にも様々な効果があると思います。

また、瞑想やヨガで用いられることからも、自分自身に目を向ける機会にもなり、何らかの目覚めや気付きもありそうです。

実はこの呼吸法、心の問題を抱えている人や過呼吸症候群の人にも効果的で、専門家による実験結果でも改善が認められています。

私はホットフラッシュの改善に繋がっているような気がしています。

何事も信じて続けることが大切です!

脳をだます健康法

プラシーボ効果からもわかるように、脳は簡単に騙されるものです。

これを利用した健康法を少しご紹介しておきます。

①割り箸を1本、口にくわえると必ず笑顔になります。笑顔になることで脳は「今、楽しいんだ」と勘違いをします。

②手を上げて万歳(同時に万歳と言うと更によし)をすることも、同じように脳が「今、嬉しい」と勘違いをします。

脳が楽しい・嬉しいと感じると体の緊張がほぐれリラックスし、心のリラックスにも繋がります。

「痛いの痛いの飛んでいけ〜」も、脳に痛みは飛んで行ってしまったと思わせることで効果はあるのですよ!

スポンサーリンク