Pocket
LINEで送る

病気の原因

人間はどうして病気になるんだろう、、、

更年期を迎え体調の変化を感じ始めた頃、そんなことをふと考えるようになりました。

それまでは健康だったので、病気について考えることなんて皆無でしたけどね。

世の中には同じように更年期を迎えても、元気な人もいるわけです。

何が違うんだろう・・・

生まれつき病気を持って生まれてきた人は別として、健康だった人が病気や体調不良になるには当然理由があると思うのです。

身近な例だと風邪やインフルエンザ。

同じ菌に触れても感染する人としない人がいます。

感染する人は、たまたま体の中の抵抗力が弱っていた時に菌と接触してしまっただけ。

では、なぜ抵抗力が弱っていたのか。

たまたまダイエットをしていてちゃんとした食事を摂っていなかったとか、

仕事が忙しくてコンビニ食が続いていた、あるいは抜いていたとか、

睡眠不足が続いて体が疲れていたとか、

必ず何か理由があるはずで、その理由を作っているのは自分自身だということです。

自分をよく観察していると、必ず理由が見えてくると思うのです。

因みに、私が風邪をひくときの原因は、お風呂上がりにすぐに髪を乾かさないことだと自分で気付きました。

例えばガンで余命宣告を受けたとします。

「なんで自分がこんな目に・・・」と思い悲嘆にくれるのも当然の心理です。

でも、やっぱりガンになった原因はその人自身にあるんだと思います。

ガンだけでなく、全ての病気の原因も然りです。

病気を治すには、まず原因は自分自身にあるということに気付くことが一番重要。

病気は、体が「もう限界だ〜」と悲鳴をあげている状態。

ヒプノセラピーで病巣と向き合うと、

「タバコをやめて欲しい」「夜更かしをやめて欲しい」と病巣が訴える例があります。

自分自身を客観的に見つめることで、必ず気付きがあると思います。

原因が自分にあるということは、つまり治すことも自分でできるということです。

自分の何が病気をもたらしたのかということに気付いた瞬間から、自然治癒力は少しずつ働きだすんですよ。

体の細胞を動かしているのは、まさに心ですから。

がん家系の意味

がん家系という言葉があります。

遺伝性腫瘍のほとんどは、がん抑制遺伝子の生まれつきの異常が原因と言われていますが、、、

がん学会によると、部位にもよりますがガンが遺伝する確立は平均で1%以下と非常に低い確率です。

それを考えると、がん家計などと言われるのは、遺伝子なんかではなく食習慣・生活習慣などの共有だと思われます。

お母さんが太っている家族は、ほとんどの場合子供も太る傾向があります。

母さんの濃い味付けや、おやつ好き、大食い、運動不足などの習慣をそのまま子供に共有して育つからです。

中でも、一番影響を与えるのは思考グセ(思考傾向)。

本人は気付いていなくとも、同じ家系だとやはり考え方も似ているものです。

例外としては、子供自身に気付きが起こり反面教師になる場合です。

体の細胞は、感情の貯蔵庫です。

肝臓がんの家系は、怒りっぽい家系。

肺がんの家系は、悲しみが多い家系。

心臓病の家系は、愛が足りない家系。

などなど。

もし、何か同じ病気を持つ家系であるなら、一度家族の思考傾向を観察してみると何か気付きがあるかもしれません。

体の細胞を動かしているのは自分の心

病気を完治させることができるのは、その原因を作った本人のみです。

病院は補助やキッカケにすぎず、体の細胞を動かせるのは自分自身の心。

ガンになると、がん細胞への治療が始まるわけですが、治療しているにも関わらず結果が芳しくない場合があります。

ガンになったことで気分が落ち込んだり、治療の苦しさに体力が弱り心も弱くなります。

これは、心(思考)がガンに影響を与えているケースだと思います。

高い治療費を払って高度な医療で治療をしても、依存心が強い場合は体の細胞は動いてくれません。

お医者さんや薬が病気を治してくれるという依存心。

病気は自分が作ったのですから、自分で治すという気持ちがとても重要です。

2013年に米女優のアンジェリーナ・ジョリーが、将来の乳がん予防のための乳房切除手術をしましたよね。

何の病巣もない健康な細胞を傷つけるなんて、絶対あってはならないことです。

自分や家族の経験から、どんな形にせよ一度体にメスを入れると、やはり大なり小なり他の部位の細胞にも影響があると思っています。

体にメスを入れることなく一生を終えるって、本当に素晴らしことですよね。

そのためにも、やはり予防医学はとても大切だと実感しています。

Pocket
LINEで送る