Pocket
LINEで送る

奇跡の大逆転~ブライトン・ミラクル

ラグビーワールドカップ、日本は三連勝して盛り上がっていますね。

日曜日のスコットランド戦が待ち遠しいです。

私はタイムリーに、日本が二勝した後『ブライトン・ミラクル』という映画を観ました。

皆さんは、この映画をご存知でしょうか?

2015年ラグビーワールドカップ・イングランド大会で、日本が南アフリカに勝利した奇跡。

この映画は、その奇跡の勝利へ至るまでの3年間を描いた物語です。

ストーリーの合間に、元監督エディー・ジョーンズやリーチ・マイケル、五郎丸もインタビューの形で出演しています。

24試合で1勝2分21敗というワールドカップ史上最低の記録を持っていた日本代表チーム。

その経験から誰もが〝日本が南アフリカに勝つなんてムリ〟と思い込んでいたはず。

それが・・・

皆さん、ご存知のあの大逆転ミラクル。

でも実は、私は映画を見ながら、これは奇跡でもなんでもないと感じました。

だって、これで勝たなかったらおかしいでしょ!っていうくらいの凄い練習量。

努力は必ず報われるに決まっているけれども、それまでの経験から「ダメなんじゃないか」という思考が頭をよぎってしまう。

現実は、努力の質量では決定されず、一瞬の思考で決まってしまう。

〝魔が差す〟の魔は、この一瞬の思考のことなんだとろうと思います。

どれだけ時間を割いて努力して頑張っても、一瞬の思考が勝ってしまうほど、思考のエネルギーは凄いんです。

現実の世界が、いかに思考に支配されているか、です。

むしろ、思考以外によって作り出すことはできない世界が、現実。

頑張った努力を無駄にしないよう、人生は〝魔〟との戦いですね。

エディー・ジョーンズ監督は、選手の〝魔〟を追い出すために常に考え、全エネルギーを注いでいます。

選手たちの思い込みをどうやって変えていくか・・・

少々手荒と言うか、荒治療ではあるかもしれませんが、そこまでしなければ最弱小チームが最強チームに勝つことはできなかったのでしょう。

とにかく〝負けて当たり前〟思考の塊集団でしたから(笑)

人間は、無意識に受けている暗示から知らないうちに固定観念を作っています。

この暗示は、過去の経験を元に徐々に不動のものとなり、固定観念になります。

この暗示(固定観念)を手放すと人間本来の能力が開花するのですが、これがなかなか難しい。

というか、難しいと思い込んでいる・・・これが固定観念です(笑)

そういう意味で、エディー・ジョーンズは凄い人だと思います。

彼の生い立ちなどを映画で初めて知りました。

彼の思考は、彼の偉大な両親の影響なんだなと感じました。

なんだか、本当に人生に偶然はないんだと感じずにはいられませんでした。

映画を観ていると、日本が勝つ要因がチラホラ見えてきます。

皆さんにはわかるでしょうか〝不可能を可能にするために必要なこと〟が。

出典:grape(グレープ)

思考は現実化する

ナポレオン・ヒルのあまりにも有名な『思考は現実化する』

これは本当で、あなたの思考は必ず体に現れます。

恥ずかしいと思うと、顔が勝手に赤くなる。

自分でコントロールできませんよね。

発表会など大勢の前で話すのは苦手だ~どうしよ~と思えば、お腹が痛くなったり汗が出てきたり。

これも、自分でどうすることもできません。

何か気になることを言われると、表情が変わる(自分で変えたつもりはなくても変わっています)。

体は、あなたの思考通りに本当に素直に反応します。

思考が体に現れるとエネルギーも変わります。

エネルギーが変わる=空気が変わる。

空気を読むとは、エネルギーを感じ取ることです。

自分では意識していなくとも、潜在意識はエネルギーを感じ取っています。

だからコントロールができない。

これは、体の反応は顕在意識ではなく潜在意識によって起きているという事です。

つまり『思考は現実化する』の思考は、顕在意識ではなく潜在意識の事です。

いくら必死に願っても叶わない、思考は現実化するなんて嘘だと思っている人は、ただ顕在意識で願っているだけです。

潜在意識に働きかけないと、思考は現実化しません。

家から会社までの道、毎日、家を出てから次の角を右に曲がって信号を渡って・・・と考えながら通勤していますか?

してないですよね?

無意識でも勝手に道を曲がって、考え事をしていてもいつの間にか会社についていますよね。

車の運転もそうです。

すべてを記憶している潜在意識によって体が動いているから無意識でもできてしまうのです。

なので、自分ではコントロールできないことをコントロールしたい場合、すべて潜在意識に働きかけると改善されるんです。

それが、ヒプノセラピー(催眠療法)です。

ヒプノセラピーの暗示療法は、ご自身でも簡単にできます。

参考☞【暗示文を読むだけで効果がある自己催眠】

現在、潜在意識に関する書籍は溢れています。

色々読んでみて、書かれている内容が違和感なくす~っと入ってくる本を一つバイブルにすると良いと思います。

潜在意識を理解して上手く活用すると、本当に人生変わりますよ。

ご自身の魂の成長過程によって、す~っと入ってくる本が変わっていくと思います。

因みに私のバイブル本は、野口晴哉著『潜在意識教育』

内容は子育てのことが中心ですが、子育てだけでなく大人社会における人間関係にもとても役に立つ本です。

本当に〝バイブル〟です。

1966年に出版されて一度絶版されていますが、野口晴哉生誕百周年記念を機に復刊されています。

もともと安くはないですが、Amazonでは中古で高値で販売されています。

万が一ご購入される場合は、株式会社全生社からが良いですよ。

人生を変える潜在意識活用法

○○依存症と言われるものは、暗示催眠による潜在意識への働きかけで改善されます。

欧米では、ヒプノセラピーを利用する目的の大半が禁煙やダイエット。

その他、あがり症や狭所恐怖症など○○症と呼ばれるものは、暗示療法で必ず改善することができます。

そして先程も書きましたが、暗示療法はご自身でも簡単にできます。

効果的な暗示療法のやり方

人間にとて睡眠はとても大切です。

参考☞【人間にとって食事よりも大切な睡眠の3つの役割】

理想的な入眠は、ベッドに横になって10~15分で眠りに入ることです。

なので、質の良い睡眠をとるために、ベッドに横になったら絶対に携帯やPC画面などを見て脳を刺激しないでください。

そして、心配事や悩み、恐怖を心に抱えたまま、絶対に眠りにつかないようにしてください。

ウトウトし始めた眠りに落ちる直前の思考が、その後4時間、潜在意識の中でそのまま続きます。

4時間もの間、潜在意識にその思考がプログラムされるということの意味がどういうことか、もうお分かりですよね。

睡眠は潜在意識を書き換えるための、素晴らしい時間です。

これを利用して、毎日寝る前に暗示療法を行うと潜在意識が書き換えられます。

思い込みの度合いによって、効果が表れるのは人それぞれですが、毎日続けることで必ず改善されます。

子供はとても素直なので、たった1日で効果が現れることが多いです。

暗示の唱え方ですが、否定語は絶対に使わないようにします。

あがり症の場合は「あがり症がなくなる」と言うのではなく「私は人前でもいつもリラックスしていて堂々と発表ができる」

〝リラックス〟と言う言葉はキーワードです。

ご自身で暗示をかける場合は、言葉に出しながら(心に思いながら)その姿を想像して良い気分になって下さい。

その気分のまま入眠することが大切です。

もし、あなたに悩み事があるなら、そのことに捕らわれるのではなく、悩み事がなくなったら何がしたいか、どんな気持ちになるのかを想像して、それが実現して嬉しいと思ったまま入眠してください。

思考(潜在意識)は必ず現実化します。

意識(顕在意識)でコントールしようとしても、現実は何も変わりません。

無意識(潜在意識)に働きかけること、です。

ひとつ、注意したい点があります。

それは、信じていなければ何も変化は起きないという事。

こう書いてあったから半信半疑でやってみたけど、全然効果ないじゃんと文句を言っている人は、依存型の人間です。

「よし、こう書いてあるから自分で頑張ってみよう」と信じて行動する人とは違うことくらいわかりますよね。

『ブライトン・ミラクル』は、Amazon Prime Video、Google Play、Apple TVなどで配信されているようなので、チェックしてみてください!