ヒプノセラピー(催眠療法)について

ヒプノセラピー(催眠療法)って何?

初めて耳にする方もいらっしゃるでしょう。

簡単に言うと、催眠術を用いた心理療法のことです。

欧米では医師会などで認められ、広く知られている心理療法です。

催眠によって潜在意識と繋がることで、私達のココロとカラダに様々な効果をもたらします。

ヒプノセラピーをすることで気付きがあり、どうすれば悩みから解放されるのかを潜在意識が教えてくれます。

ヒプノセラピーは手段であり、問題を解決するのはクライアント様自身です。

セラピストは、催眠を用いてクライアント様を気付きに導くためのお手伝いをさせていただきます。

肉体は意識にコントロールされるロボットに過ぎません。

意識が少し変わるだけで、心・行動・肉体が変化していきます。

悩みを一人で抱え込まず、勇気を出して一歩踏み出してみませんか?

あなたの勇気が、今後の人生を変えていきます。

催眠状態とは?

催眠術のイメージと言えば、意識を失っている状態、他人に操られる状態、寝ている状態というのが一般的だと思います。

ですが、実際の催眠状態は意識があり、自分で物事の判断もできます。

人間の意識は、顕在意識が10%、潜在意識が90%と言われています。

顕在意識とは、私達が意識している意識、つまり今この文章を読んでいる意識のこと。

潜在意識とは、この文章を読んでいるあなたが意識していない意識(無意識)のことです。

顕在意識と潜在意識の間には通常〝判断のフィルタ〟というバリアがあります。

脳をリラックスさせるとこのバリアがなくなり、顕在意識と潜在意識が繋がります。

この顕在意識と潜在意識が繋がった状態のことを、催眠状態と言います。

誰もが経験している催眠状態

実は私達は、日常生活において1日に何度も催眠状態に入っています

映画やテレビを観ている時、熱中してスポーツをしている時、夢中で本を読んでいる時などがそうです。

一般的に毎日同じことを繰り返している作業は、催眠状態下で行なわれていると言えます。

また、朝起きてすぐの時や寝る前も催眠状態です。

自分では催眠にかかっているという感覚はまったくありませんよね。

催眠状態は特別なものではなく、普通の状態なのです。

たとえ催眠状態であっても、あなたは意識がなくなることもなければ、コントロールされることもありません。

あなたはただ、あなたの価値観や信念と一致した暗示のみを受け入れるだけなのです。

潜在意識の特徴

潜在意識は現実と非現実を区別することができないという特徴があります。

このため、潜在意識と繋がっている状態の時は、物事を受け入れ安い状態(暗示を受け入れやすい状態)になります。

さらに潜在意識には、私達が忘れている過去の出来事を全て記憶しているという特徴もあります。

怒り・悲しみ・喜びなと、感情ごとの記憶を全て時系列で記憶しているのです。

ヒプノセラピーは、この潜在意識の特徴を活用し行われます。

ヒプノセラピー(催眠療法)とは?

ヒプノセラピー(催眠療法)とは、催眠を用いて潜在意識にアクセスし、潜在意識の特徴を活かして肯定的な変化を起こそうという療法のことです。

※ヒプノセラピー(催眠療法)は、医療(治療)行為ではありません。リラクゼーション(催眠)を用いて、症状に対処することです。
 

 セラピーメニュー