hypnobirthing

AHBとは

AHB自然出産プログラムにご興味をお持ちいただき有難うございます。

Attachment  HypnoBirth (アタッチメント・ヒプノバース)のそれぞれの頭文字を取り、AHBとしました。

赤ちゃんはこの世に生まれてくる日を自分で決めています。

陣痛は、赤ちゃんがもうそろそろお母さんのお腹の中から出て行くよ〜というサイン。

陣痛が何度もあるのはお母さんに準備はいい?もういいかい?と言っているのです。

何度か陣痛を向かえるうちに、お母さんの体は出産に向けて変化していきます。

赤ちゃんもお母さんの体の変化とともに、徐々に体を捻って出て行こうと頑張るのです。

陣痛によって、いよいよ産む準備ができたお母さんの体を察知し、赤ちゃんはこの世に生まれます。

女性の体の神秘

女性の身体は本能的に、どうすれば穏やかで落ち着いた出産ができるかを知っています。

陣痛という赤ちゃんからのメッセージを受け取った後は、赤ちゃんと二人三脚でお産をするのです。

陣痛が赤ちゃんからのメッセージだと思うと、我が子に会えるという思いで嬉しくなり笑顔になりませんか?

笑いは脳内モルヒネ・エンドルフィンを作り出します。

この幸せホルモン・エンドルフィンは天然の鎮痛剤と言われており、多く出ればそれだけ痛みを感じなくなるのです。

出産の痛みが感じなくなるほどのエンドルフィンを出しましょう!

自然出産のプロセス-待つお産

①赤ちゃんが出たいと思う自然な経過を待つ

②お母さんの体が準備するのを待つ

③骨盤が動き始めるのを待つ

④赤ちゃんの回旋を待つ

⑤会陰が伸びるのを待つ

⑥赤ちゃんが呼吸するのを待つ

⑦へその緒の拍動が止まるのを待つ

(株)ナチュラル・ハーモニー著

「自然誕生に込めた思い」〜赤ちゃんの生まれて来る力を信じて〜より抜粋

会陰が伸びるのを待たずに切る、

赤ちゃんが呼吸するのを待たずに気道吸引をする、

へその緒の拍動が止まるのを待たずに切る、

これらは現在、病院では当たり前のことになっています。

〝待つ〟ことで不必要な医療介入は避けられるのです。

Thank❤︎youが理想とする出産

全てお医者様任せにするのではなく、ご自身で出産をプロデュースしませんか?

☆主体性を持った出産=産まされるのではなく産むお産

☆自然に身を任せた出産

会陰切開をしない出産

☆バース・トラウマのない出産

☆子育てに自信が持てる出産

このような出産を一緒に目指しましょう。

幸せ出産のお手伝いをさせて下さい!

AHB専用サイト

プログラム内容・お申し込み詳細は、下記サイトをご覧いただくようお願い致します。

ページの先頭へ