Pocket
LINEで送る

哲学とは、人生・世界、事物の根源のあり方・原理を、理性によって求めようとする学問。

また、経験からつくりあげた人生観。

世にあたり前のことより不思議なことはない

令和2年最初のブログは、哲学のお話でスタート。

昨年末に、哲学者であり文筆家の池田晶子さんという方を知りました。

残念ながら、46歳という若さでお亡くなりになられています。

出典:池田晶子公式ページ

お綺麗な方なので思わず写真を挿入しちゃいました(笑)

いつも聴いているポッドキャストで、この池田晶子さんのエッセイの一部を紹介していました。

聴いたとたん、これはブログに書かなくてはと思った次第です。

それが、コチラ。

世に当たり前のことより不思議なことはない。

自分であるとか、物があるとか、この宇宙に自分が生き、死ぬこととか。

実際これは考えるほどにとんでもない不思議なものである。

我々この世の誰一人として、これがどういうことなのか知らずに生きているのである。

このことに気付いた人ならば、生きているとはどういうことなのか知ろうとして、必ず考え始めるはずなのだから。

生きられるかどうかがどうして問題になりうるだろう。

いや、この不思議を知るからこそ日常のいちいち、人生の日々が奇跡的なものとして輝きを放つことができるのだ。

皆さんは、これを読んでどう思われたでしょうか。

思ったことをわかりやすく人に説明するとか、文章に表現するのが苦手な私は、この言葉の表現の素晴らしさに感動しました。

これ、朗読した人・マット竹内さんの力もあったのかもしれません。

ステキな声で、心に響く話し方をされる方です。

彼は、このエッセイの感想を以下のように述べられています。

日々の忙しさにかまけて一番大切な不思議なことをわすれてしまっているのではないですか、と問いかけているように聞こえます。

この宇宙に自分が生まれて、そしてやがて別れを告げる、この根本的な問いを脇に置いて生きていくというのは、いかにも勿体ないことだと池田さんは仰っています。

生きる、そして死んでいく、この問題を真正面から見据えて自分の力で考えようとする

ここに人生の日々が輝きを放つ・・・重いメッセージといえば重いメッセージ。

でも、今日から明日、今年から来年、日々の人生をどのように生きるのか、その中に池田さんが仰るようなこの不思議な問題を考えながらの日々にしていきたいと思います。

今、生を受けていることの喜び、命の重さ、考えて生きていきましょう。

マット竹内さんのコメントも分かりやすくて素晴らしいです。

2019年末のポッドキャストだったので、今年から来年というフレーズがあります。

※池田晶子さん・マット竹内さん引用内の下線は、私が特に強調したい部分です

人間は考える葦である

パスカルの有名な言葉「人間は考える葦である」

デジタル大辞泉による解説は以下の通りです。

「人間は、自然のうちで最も弱い一本の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である。」

人間の、自然の中における存在としてのか弱さと、思考する存在としての偉大さを言い表したもの。

パスカルも同じようなことを言っていますね。

人間が自然の中でもっとも弱い存在であるということを、葦にたとえています。

人間が宇宙よりも尊い存在であるということを、考えることができるからだと言っています。

地球上の動物の中で人間だけが持っている〝考える〟力。

もっとこの力を使わないと、本当に勿体ないと思います。

恥ずかしながら、私は50歳を過ぎるまで哲学的思考力というのを殆ど持ち合わせていませんでした。

ところが、一旦考え出すともう止まらない。

周囲の人、出来事、色々なことをよく見てみると不思議だらけ。

なぜ今まで疑問に思わなかったんだろうという疑問。

自分一人で考えてもわからないので、様々な本を読みました。

芋づる式に色々なジャンルの本へと広がっていきました。

そしてある日ふと「私は今まで本当には生きていなかった」と感じたのです。

人間として肉体は生きていましたが、魂は忘れられた存在でした。

池田晶子さんの言う〝生きているとはどういうことなのか〟ということに気付いたのです。

魂的には、気付いたと言うより、思い出したという表現の方が正しいのかもしれません。

皆さんも是非、ご自身で〝生きている〟ということの本質を考えてみて下さいネ。

今世で答えが出なければ、来世もあるので大丈夫ですよ(笑)

人間の一番の使命は〝学び〟です。

読書は考える力を与えてくれるので、学ぶためには読書が一番だと思っています。

読書のすすめ

考える葦たちは、本の中に多くの素敵な言葉を残してくれていますよ。

人の魂は水に例えることができる。

それは天から降り、天に戻ってゆく。

そうしてまた、地上に戻る。

こうして、永遠に行き来してるのだ。

by ゲーテ

 

この世の秘密とは、すべてのものは死なないということだ。

しばらくの間、視界から消え失せても、あとで再び戻ってくる。

何ものも死なない。人間は死ぬふりをするだけだ。

見せかけの葬儀、悲しげな弔いに退屈して、死者は別の姿をして、元気はつらつ窓から外を覗いている。

by ラルフ・ワルド・エマーソン

 

私の主張は以下の通りである。

再び生きたいと思うが如くに生きよ。

それが諸君の義務である。

いずれにせよ、諸君は戻ってくるからだ。

by ニーチェ

 

私は死なないと、私は知っている。

これまでに、私が一万回も死んでいることは疑いがない。

あなた方が死滅と恐れるものを、私は笑う。

私は時の大きさを知っているから。

by ウォルト・ホイットマン

 

ここにまた、人は生まれる前からほとんどのことを知っているという事を示す強力な証拠がある。

人はほんの子供の時に、非常に急速に数多くの事を理解するが、これは、私たちがその時初めてそれらのことを学んでいるわけではなく、それらの事を思い出しているということを、示しているのだ。

by キケロ

 

この世の全ての出来事に偶然などないと思っています。

2020年、悩んでいることに使う頭や時間を、読書のために使ってみませんか!

 

Pocket
LINEで送る