Pocket
LINEで送る

 

何だか仰々しいタイトルになってしまいました。

が、内容は、負のエネルギーと国家繁栄の関係についての勝手な私の持論を展開しています。

異論反論あるかと思いますが、さら〜りと読み流していただければと思います 😆

国家繁栄の源

最近、某テレビ番組で、中国が日本を敵視する理由を取り上げていました。

理由云々には納得できないところもありますが、国家事情や国民性も様々なので考え方が違うのは当然です。

テレビを見ながら、ふと、国家繁栄の源って何なのかと思ったのです。

国民全員に、一つの国を嫌いになるように仕向ける教育をする国って、どう思います?

正確な内容を伝えて嫌われるのは当然ですが、嫌いになるように事実を捻じ曲げて伝える。

これを、一つの国がするって・・・そんな国が繁栄すると思えないのですが・・・

繁栄してますよね(笑)

特に中国が嫌いなわけでもなく、悪口を言うつもりはないのです。

たまたま、中国のことを取り上げていた番組を見て、知らなかった内容だったので驚きでした。

中国が日本を嫌っているのは聞いてはいましたが、ここまで徹底して小さな頃から教育を受けていれば、

日本のことを嫌いになるのも当然だなと思ったのです。

番組の内容を鵜呑みにしている私の意見ですので、ご了承ください。

人間に例えると嫌がらせですよね。

A組の担任が、人気のあるB組の担任に嫉妬して、A組クラス全員にB組担任の悪口をいう、みたいな。

これは、中国に限らず韓国も同じなんでしょうね。

中国を見放し、海外へ移住する富裕層の中国人が多いと聞きます。

留学をしている中国人の若者も、中国には戻らない人が大半です。

中国は、このままずっと経済大国でいられるのでしょうか。

負のエネルギー

想像してみてください。

負の感情に覆われた人の人生って、どんな人生だと思いますか?

一瞬想像しただけでも、成功する人生、幸せな人生、充実した人生、、、とは無縁のイメージしませんか?

いつも怒ってばかり、口を開けば愚痴しか言わない、私には無理と言って何もしない・・・

マイナス要素・ネガティブエネルギーに支配されている人を、第三者的にはとても幸せだとは思わないですよね。

当の本人は、負の感情が原因で幸せになれないということに気付いていません。

と言うより、人生ってこんなもんなんだ、これが普通の人の幸せなんだと、

思い込んだり言い聞かせたりしていると思います。

本当に幸せな人は、いつも怒ったり、嫉妬したり、妬んだり、愚痴を言ったりしませんから。

いつもを強調したのは、人間ですから、たまにはあるということが言いたかったのです。

が、本当に全く怒らない、嫉妬しない、妬まない、愚痴を言わない、仏のような人もいます。

負の感情がもたらすもの

負の感情(目に見えないマイナスエネルギー)には、全く生産性がありません。

負の感情を持ち続けると、間違いなく体を蝕み病気になります。

ガンは我慢の病気、心臓病は怒りの病気、皮膚疾患はストレスと言わています。

恨み・妬み・怒りなどの感情を表に出さずに我慢する人は、ガンになりやすく、

怒りを爆発してばかりいる人は心臓病になりやすいのです。

アトピーや一時的湿疹は、精神的ストレスがほとんどです。

赤ちゃんのアトピーは、母親のストレスが原因とも言われています。

遺伝と言うのは、どんな病気でも確率はわずか1%程度だそうです。

以前のブログにも書きましたが、ガン家系、肥満家系というのは、その家系の食生活が似ているからだと言われています。

感情と、もう一つ大きく関係するのが、食事です。

感情と食生活の組みわせで、病気の大きさや重要度などが変わってくるのです。

目に見えない力(エネルギー)のもつ強さ

我慢の感情は目に見えません。

目に見える感情は、怒りの爆発です。

目に見えない感情(エネルギー)は、大きさが増すと凄いエネルギーになります。

特に恨み・妬みのエネルギーは人体に及ぼす影響が大。

信じる信じないが真っ二つに分かれるのですが、あえて書かせていただきます。

生き霊と言われるものは、いわゆる恨み・妬みの莫大なエネルギーの作用です。

莫大なエネルギーですので、そんじょそこらのエネルギーとは比べ物にはなりません。

それほど、恨み・妬みが大きいと言うことです。

でなければ、生き霊にはなりません。

人間の本質はエネルギー体です。

体の周囲はエネルギー(オーラ)に囲まれていて、負の感情が強い人のオーラは濁っています。

スピリチュアルヒーラーの方は、遠隔操作で幸せパワーを飛ばしたりしていますよね。

その逆が、生き霊です。

本人は飛ばしているつもりはなくとも、莫大な負のエネルギーが、対象の相手に届くのです。

これを聞いて、大嫌いな相手に生き霊エネルギーを送ろうと思った人、いませんよね。

そんなことをすると、あなた自身も間違いなく病気になります。

生き霊として届くほどの負のエネルギーを持っているということは、

それほど、精神的・肉体的にもボロボロという意味です。

魂の抜けがら状態になり、自然治癒力はなくなり、病んでいく一方です。

逆に、幸せパワーを送っているヒーラーさん達は、自身も幸せになっているのです。

これは、仏教で言うところの、因果応報です。

自分が今ある結果は、全て自分が原因。

今目の前の現実は、全て自分が作り出している、と言うことです。

強い妬み・恨み(執念・怨念)は奇病難病をもたらす、と思っています。

ご本人に身に覚えがなくとも、強い執念・怨念は何代にも渡って続きます。

ご先祖様が、誰か(動物も含む)に酷い行いをしていた場合、

消えない恨みがその子孫に難病をもたらす、と言うことです。

この類の話は、信じる人だけお耳にいれていただければいいです。

日々、誰かに幸せを与えていれば、必ず自分自身も幸せになり、子孫も幸せになります。

負のエネルギーを国家レベルで考えると

負の感情(エネルギー)の話を、中国に例えると・・・

中国国民一人一人が日本に対して、怒り・嫉妬・恨みの感情を持っていたとします。

すると、その負のエネルギーは日本に届き、日本は衰退していきます。

が、同じように中国の繁栄もありえないと思うのです。

因果応報ですから。

国家元首が他国を陥れるようなことばかりしていては、その国は繁栄しない。

ですが、今のところ中国は経済大国を保っています。

ということは、国家元首の思いとは裏腹に、中国国民は日本に対して負のエネルギーを持っている人は、多くないのではないでしょうか。

健全な精神を持った国民が多いとその国は繁栄する、という結果にたどり着きました(笑)

 

負のエネルギーの話ばかりになりましたが、逆に考えると正のエネルギーも同じように働くということです。

基本は、毎日笑顔で感謝の気持ちを忘れないことです。

そして、他人を思いやる気持ちは、やがて必ず自分に返ってきます。

今の自分が不幸だと感じるなら、明日から何か一つでも感謝することから始めてみませんか?

感謝する気持ち(心)が、徐々にあなたを変えていくと思いますよ。