Pocket
LINEで送る

除夜の鐘で心を浄化

新年まで、あと数時間。

皆様、今年はどのような一年だったでしょうか。

今日は、新しい年を迎えるにあたり、ぜひやっておいたほうが良いことを書こうと思います。

心の棚卸しでネガティブ感情を手放す

今年も、たくさん怒ったり妬んだり、ネガティブな感情を体験したと思います。

すぐに忘れてしまう程度のものなら良いのですが、なかなか心から離れられないネガティブな感情はありませんか?

ひょっとしたら、もう何年も同じネガティブ感情を持ち続けている人もいるのではないでしょうか。

怒りや嫉妬などのネガティブ感情は全ての病気の根源です。

新しい年を迎えるにあたり、それらの感情は全て2017年に置いておいて2018年に突入しましょう。

いつまでも大事に自分の中に持っていても、何の得もありません。

あなたの心や体が蝕まれていく一方です。

簡単に手放す方法をご紹介いたしますので、ぜひ実践してみてくださいね。

一年の最期、除夜の鐘を聞きながらの心の浄化法です。

百八つある除夜の鐘。

時間は十分です。

心の奥深くに根強く残っている、特に怒りや妬みを思い出して、その感情を許す宣言をしてください。

「私は〇〇さんを許す!」

「私は、〇〇な出来事を許す!」

どんなことでも、振り返って思い出すということは、その出来事が心の片隅に引っかかっているということです。

後悔や懺悔の気持ちも同じように手放すと良いです。

「私は〇〇ができなかった自分を許す!」

ここでは、〇〇できなかった自分を許すことがとても重要。

自分を許せない人は、うつなど心の病気になりやすいです。

たとえ楽しくなくても、口角を上げると脳は「この人は今楽しいんだ」と勘違いします。

それと同じように「許す」宣言をすると、脳は「この人はから怒り(ネガティブ感情)が消えた」と判断します。

心で思うのではなく、必ず声に出して「許す」宣言をして下さい。

何度か繰り返し「許す」宣言をしていると、私はなぜこんなことで怒っていたのだろうと不思議な感情になります。

心と体と行動が繋がっていることが実感できる瞬間です。

できるなら家族皆で除夜の鐘を聞きながら、皆で宣言しあうと楽しいかもしれません。

 

2017年、私個人的には、人生に二度とない体験をした年となりました。

人生に二度とない体験といえば、生と死くらいしか思いつかないのですが、それに匹敵するほどの体験でした。

来年から新たに1歳ずつ年をとる感じでしょうか(笑)

新しい人生とともに、皆様の心と体の健康に、より一層貢献できるように日々精進して過ごしていきたいと思います。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。