Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

神通力とは

神とは自分自身の魂のこと。

神通力は神と通じる力と書きますが、すなわち自分自身の魂と繋がる力のことです。

仏教において、お釈迦様が持っていたと言われる六神通は以下の通り(Wikipediaより)

①神足通・・・機に応じて自在に身を現し、思うままに山海を飛行し得るなどの通力

②天耳通・・・ふつう聞こえる事のない遠くの音を聞いたりする超人的な耳

③他心通・・・他人の心を知る力

④宿命通・・・自分の過去世(前世)を知る力

⑤天眼通・・・一切衆生の過去世(前世)を知る力

⑥漏尽通・・・自分の煩悩が尽きて、今世を最後に生まれ変わることはなくなったと知る力

①は、アインシュタインの頭がないと理解できそうにありません。

どうしても、ドラえもんの「どこでもドア」を思い浮かべてしまいます(笑)

②〜⑤は人間が本来持っているはずの力ですが、残念ながら現代人の多くはその能力を失くしています。

失わずに持っている人がいわゆる霊能力者や超能力者と言われる人たちですが、

そのレベルはまちまちで本物の力を持っている人は少ないような気がします。

自分自身の魂と繋がることができれば、いずれは②〜⑤の能力も身につくと思っています。

神通力に似た力に第六感というのがあり、どちらも努力次第で得られる力だと思います。

その方法は、あとで書きます。

⑥は、あなただけでなくご先祖様も関係する力と言われています。

⑥の力を得たいのであれば、素直な気持ちを忘れずに、人間に生まれてきたこと、日本人に生まれたことに感謝し、仏の教えを学ぶことに精進することです。

第六感とは

第三の眼(サードアイ)と言われるものが、眉間にあります。

ここは、第6チャクラの位置で、ここから入ってくるエネルギーを第六感と言います。

ちなみに、チャクラとは気(エネルギー)の出入口で、宇宙エネルギーと 繋がっています。

上図の上から2番目が、第6チャクラで、藍色(インディゴブルー)です。

神通力を持たなくとも第六感が身につくと、自分の魂と繋がることができ、

直観力が身につき、真実を見る力が養われ、人生の選択に迷いがなくなります。

また、夢に対する理解力も養われます。

夢というのは、つじつまが合わず、不思議で、理解不能な出来事が多くないでしょうか。

しかし、夢は自分自身の魂からのメッセージであり、とても重要なヒントや情報が入っているのです。

夢の意味を理解できると、困難を避けたり、いい出会いがあったり、良い方向に導いてくれます。

あなた自身の魂は、常にあなたにメッセージを送っています。

第六感や神通力を身につけて、自分自身の魂と繋がる事で生きやすくなるはずです。

では、その力を身につけるための方法をいくつかご紹介します。

神通力や第六感を身につけるには

神通力②〜⑤や第六感は、努力次第で身に付けることができると思います。

人によっては遠い道のりかも知れませんが、何事も信じて諦めないことはとても大切です。

以下に書いたこと全て実践できれば、第六感は比較的簡単に身に付けることができると思います。

瞑想

やはり一番は瞑想です。

慣れないうちは3〜5分くらいから始め、毎日最低でも15分くらいできると良いと思います。

一般人が瞑想して無になることは難しいので、無を意識する必要はありません。

毎日朝晩行うのがベスト。

無理なら、朝がオススメです。

下記にご紹介する方法以外にも、色々なイメージ瞑想法があります。

自分のイメージしやすいものを想像して瞑想を行ってください。

瞑想にイメージを取り入れるのは、雑念が出ないようにするためです。

もし、イメージ中に雑念が出てきても、執着せずそのまま流してイメージに戻りましょう。

呼吸に意識を向ける深呼吸瞑想法

深呼吸の際は、宇宙の壮大なエネルギーが頭頂部から体に入り、エネルギーが体の内部にチャージされるのをイメージしながら息を吸います。

吐くときは、体の中の悪い気やエネルギーが全て口から出ていくところをイメージしてください。

体のどこかが痛むときは、その部分の悪いものが全部出ていくところを想像すると良いです。

深呼吸しながらイメージワークをすると、雑念が出てくることもなくなると思います。

万が一出てきた場合は、その考えを口から吐き出してください。

まずは、この深呼吸瞑想法を5分くらいする習慣をつけましょう。

深呼吸で酸欠状態にならないよう無理はせず、できる範囲で行ってください。

海中瞑想法

深呼吸瞑想になれてくれば、時間を15分位に増やして海中瞑想法にトライしてみましょう。

最初は深呼吸瞑想法で5分。

次に、自分が深い海の中にいるところをイメージしてください。

深海の色は、第6チャクラの色である藍色(インディゴブルー)です。

あなたは深海にいますが普通に呼吸ができます。

インディゴブルーの海の中で、癒されながら、ゆるやかな波の揺れに身を任せます。

深い海の底は静寂です。

塩水である海は、あなたの身体の細胞や心を浄化し、癒します。

遊び好きなイルカ達がそばに寄ってきて、あなたの体を突っつくかも知れません。

そんな時も目を閉じたまま身を任せ、イルカ達に微笑みかけてください。

心が落ち着き、もう十分だと感じたらそっと目を開けます。

気持ちよすぎて、瞑想のやめどきを逃してしまうかも知れませんので、時間が限られているときはタイマーが必要です。

瞑想を続けるうち、ふと閃いたり、今まで考えもしなかった事が浮かんだり、何かメッセージを感じ取ることがあります。

それが、自分の魂と繋がるということです。

そういう感覚がわかってくると、悩みや、選択に困った時は、瞑想中に自分自身の魂に問いかけてみましょう。

答えが自然と出てくると思います。

悩みに対する答えは必ずあなた自身の中にあります。

なぜなら、悩みを作った原因はあなた自身だからです。

世界では、瞑想を授業に取り入れている学校も多くあります。

瞑想を授業に取り入れた結果、どの学校でも成績が上がっているそうです。

子供と一緒に、毎朝家族で瞑想をする時間を持つ習慣をつけると、素敵な1日が送れそうですね。

瞑想をする時は、静かで集中できる場所を選び、心地良い音楽をBGMにすると良いです。

私は、色々な音源で瞑想しますが、瞑想初心者にオススメはこれです⬇︎

オーガニックフード

身体の細胞が綺麗な人は、鋭い直感力を持ち合わせている人が多いです。

化学物質などの添加物、農薬など、体に害を与えるものを口にしていては魂と繋がりにくくなります。

私たちの体は、日々口にするもので作られます。

できるだけ無農薬・無添加なものを食べるように心掛けた方が良いです。

いくらオーガニックなものを食べていても、薬を常用していれば意味がありません。

薬は毒ですので、体への影響は良いとは言えません。

どうしても薬を飲む場合は、漢方薬の方がベターです。

デトックス

今の時代、全ての食材をオーガニックフードにすることは、困難と言えます。

そこで、定期的なデトックスを習慣にすることをオススメします。

一押しは、ハワイアンデトックス。

塩は昔からお清めのために用いられていましたので、海水ソリューションで、心と体の浄化を同時に行えます。

通常は3日間行うのですが、難しい場合は、たとえ半日や一日でもやらないよりはマシです。

3日間行う場合は、好転反応に注意する必要があります。

体内毒素の排出により、だるさ・眠気・寒さ・頭痛などの症状が現れる場合があるのです。

デトックス後は徐々に症状が治りますので、驚かず自然に任せましょう。

ハワイアンデトックス方法自体は簡単なのですが、好転反応のように実施前後の注意点や知っておくべきこと等があります。

必ず下記の本を読み、内容をよく理解してから行ってください。

大手書店には必ず置いてありますので、大きな声では言えませんが立ち読みでも良いかと…

太陽の光を浴びる

宇宙エネルギーの一つである太陽の光は、私たちの細胞に強力なパワーを与えてくれます。

まさに浄化と癒しの光である太陽光。

一日の間で分散しても良いので、15〜20分くらいは太陽の光のシャワーを浴びてください。

一番のオススメは、朝一番に太陽の光を浴びること。

朝日を浴びながらの瞑想が理想ですが、日差しが強いときは注意してください。

太陽の光が第6チャクラからあなたの体に入ってくるところをイメージして、深呼吸瞑想法を行うと良いですね。

朝の太陽の光が、心身を健康へと導いてくれます。

アファメーション

アファメーションとは、自分自身への肯定的な宣言のことです。

あなたが現実にしたいと思うことを何でも宣言することができます。

「明日は必ず晴れる」

「宝くじで6億円が当たる」

など、自分自身への宣言ではないものは宣言できません。

この記事の流れで書くなら

「私には神通力がある」

「私は第六感を持っている」

でしょうか。

「私は無限大の能力を持っている」もいいかもしれません。

近々プレゼンがあるなら、

「私は○月○日のプレゼンで、落ち着いて自信を持った表情で臨み、大きな成果につながる発表を行う」

テーマは、何でもOKです。

朝の瞑想後がベストタイムで、何度か繰り返し宣言しましょう。

アファメーションは声に出して行うのが良いのですが、無理なら心の中で強く思ってください。

神通力や第六感が身につくとどうなるのか

ここまで読んでお気付きかも知れませんが、心身ともに健康で健全な生活をしていれば、魂と繋がりやすくなるということです。

神通力を持つ人は、お釈迦様のように人々に何かを伝えるために今世に生まれています。

生まれながらに霊能力や超能力を持っている人は、人々の苦しみを救うこと、役に立つことが今世での使命です。

ある日突然、神通力が備わったという人もいます。

臨死体験後にそういった能力が現れ、霊能力者として活躍されている方の話はよく聞きます。

いずれにせよ、能力が備わった時点で、その後の進むべき方向は決まったも同然です。

第六感が身につくと、自分自身の魂(ハイヤーセルフと呼ばれるもの)とつながることができます。

あなたにはどのような変化があるのでしょうか。

真実を見抜く力

例えば、相手が真実を言っているのか嘘をついているのかを見抜く力が備わります。

嘘を言っている場合、本当はどう思っているのかもわかります。

お世辞も見抜けます。

直観力

まさにこの直観力のおかげで、真実を見抜くことができると言えます。

他には、相手が今から何を言おうとしているのかがわかる。

突然、言葉が降りてきて思ってもいなかったことを発言している。

何かを決めるときに、迷うことなく自然に選択ができる。

魂からのメッセージに気づく

これが、一番大きいと思います。

あなたの魂は、あなたが今世で進むべき道に導いてくれます。

そして、ときには守護霊からのメッセージも伝えてくれます。

世の中には不思議と言われる出来事が多くあります。

急な腹痛でバスに乗りおくれ、予定の飛行機に間に合わなかったが、乗るはずだった飛行機は墜落した。

たまたま、ふと思いついて帰省した際に、親族がなくなった。

いつもは入らないようなお店に惹かれるように入ったことで、ある人物と知り合い、その人物のおかげで事業に成功。

いわゆる、虫の知らせやテレパシーと言われるものは、魂からのメッセージだと思ってください。

このような経験がある人は、実は魂と繋がっていますが、多くの人はそのことに気づいていません。

今後は、魂からのメッセージを意識してみてください。

『夢は魂からのメッセージ』なので、夢の意味を調べて理解することも大事です。

ヒプノセラピーとのつながり

ヒプノセラピーは、催眠を用いて潜在意識と繋がり、悩みの原因を明らかにしていきます。

実は、潜在意識とは自分自身の魂の記憶です。

上記に書いた色々な方法で、神通力や第六感を養い自分自身の魂とつながることで、今後の人生に迷いがなくなると書きました。

ヒプノセラピーは、そういった力の代わりの役割をします。

神通力や第六感がない方でも、ヒプノセラピーをすることで潜在意識(自分自身の魂の記憶)と繋がり、魂からのメッセージを受け取ることができるのです。

瞑想やデトックスなどで、自分で身につけるのは少々時間がかかりますが、ヒプノセラーは、2〜3時間のセッションで魂からのメッセージを受け取れます。

今すぐにでも魂からのメッセージを受け取りたい方は、ぜひヒプノセラピーを体験してみてくださいね。

スポンサーリンク