stand.fm『魂のトリセツ』#5 一流スポーツ選手になるには
Pocket
LINEで送る

2021.3.24配信

#5 一流スポーツ選手になるには

今日は、本日3/24午前中にBSで放送された番組絡みの内容です。

元スピードスケート選手の清水宏保さんが、スケート部の高校生を指導するという『奇跡のレッスン』と言うドキュメンタリー番組。

清水さんは短距離の選手でしたが、指導する高校生は全員長距離の選手。

番組の中で、清水さんは「短距離の選手に長距離の指導なんかできるのか〜オーラを感じる」と仰っていました。

確かに、最初はそういう雰囲気もあったのかもしれません。

でも、やっぱり高校生って素直でいいですよね〜ホントに吸収していって成果を出してました。

高校生って体は大きいですけど、やっぱりまだ子供です。

彼らの素直さを見て「若いっていいな〜」って心が洗われました✨

ヒプノセラピーに関しても子供は効果的メンなんですよ。

素直だから。

大人は、やっぱちょっと信じられない部分を持ってるんですよね。

大人でも素直な人はいいんですが・・・人によって効果の出方は違いますね。

番組の中で、とても印象に残ったことがあります。

清水さんが「食事もトレーニングだ」と仰ってたこと。

それを聞いて、流石だな〜と感心。

やっぱ一流になるには理由があるんだ〜て。

ま、当然ですけどね(笑)

プロスポーツ選手やアスリートって体が資本です。

当然、食事はとても重要。

トレーニング以上に重要だと私は思います。

世界のトップアスリートって言われている人たちは、実は殆どがヴィーガンだってご存知ですか?

お肉お魚を食べないんですよ。

これは、自分の子供をプロスポーツ選手に育てたいというお母さん、もし聴いていたら・・・

ヴィーガンになれとは言いませんが、お肉お魚は極力避けた方が良いと思います。

そして主食は、昨日玄米の話をしましたけど、玄米をオススメします。

白米もいいんですけど、玄米のヌカ部分に凄い栄養があるので、主食は玄米、そしてお肉お魚は極力控えて、お野菜をいっぱい食べる。

これでね〜凄いいい体ができていきますよ〜👍

わかりやすい例で言うと、牛。

私たち牛肉大好きで食べますけど、牛って肉食べますか?

食べませんよね?

草食動物なんです。

牛のあの立派な筋肉は草でできているんですよ。

草を食べることによって立派な筋肉ができるんです。

牛を見ればわかるように、何度も言いますけど、お肉お魚控えてお野菜中心の主食は玄米。

これをするだけで絶対体力変わっていきます。

体も変わってくるし、耐久力・持久力もついてくると思います。

私は、プロのスポーツ選手でもなんでもないので、思いますとしか言えませんが、本にも書いてましたしドキュメンタリー番組でも見ました。

私、ホントにドキュメンタリー番組を見るのが好きで・・・

ある競輪の選手が、体調不良で食事に目覚めてから再起できた、というドキュメンタリーを見たことがあるんです。

プロとしてスポンサーと契約すると、ポカリスエット(名前出しちゃいました)とかプロティンとか飲むじゃないですか。

良くないんですよね〜ああいうのは。

その競輪の選手は、玄米と無農薬の野菜、お肉お魚は食べないって仰っていましたね。

それで体を作って・・・結構年齢行ってましたが、若い時よりも体力がついてきたとか。

ただ食事を変えるだけで、です。

それだけ食事って大事なんですよ。

体にもいいし、精神面も違ってくると思います。

清水さんも若い時から食べ物には気を遣っていて、油もの・・・例えば天ぷらとか。

衣はとって中だけを食べるとか、飲み会もお酒を飲んだふりをしていたそうです。

そこが、やっぱり凄いですよね。

あと、オリーブオイルも飲んでいたと仰っていました。

油ものを避けてると、じゃぁ油はどうやて摂るのかというと、オリーブオイルを飲む。

105歳で亡くなられた日野原医師も、毎朝オリーブオイルを飲まれてましたね。

食事って、それだけ凄い大事なんですね。(また、言ってる😅)

また別の番組になるんですけど・・・ボディビルの大会でないことは確かなのですが、それに似た大会。

筋肉美を争う大会?全体的なスタイルかな?大会の名前を忘れてすいません。

女性の方だったんですが、見た目はボディビルダーのような体をしていましたが、ボディビルの選手ではないです。

その方は何年もその大会で優勝されている方で、その人の食生活・・・

筋肉を作るためにどんなことをしているんですかという質問に「小豆を毎日食べている」と仰ってたんです。

「えっ?小豆」とその時は思ったんですが、実は私も小豆は毎日欠かしません。

玄米ご飯と一緒に炊いて食べています。

私が小豆を食べる理由は、血を作るため。

何かの本で、小豆は血を作ると書いてあったんですよ。

小豆はむくみにもいいんですよ。

どうして血を作りたいのかというと、白髪を減らしてやるぞと思ったから😆

私は、なんでも自分でやってみたいという性格で・・・

アラ還ともなると白髪もいっぱいあります。

ヘナで染めているんですけれども・・・なんとか自分の力で白髪を元に戻すことはできないかっていう・・・自分で実験しているんです😁

髪の毛って余った血でできているんですよ。

血余。

余った血でできているので、血を増やせばいいんだと思ったんです。

若い時は有り余っているじゃないですか、血。

でも歳行くとだんだん減っていくんですよ。

病気もね、一番の原因は汚れた血液ですけどね。

血って、凄い大事。

で、血を増やそうと思って毎日小豆を食べています。

その女性の方は小豆を毎日食べていて、冷蔵庫の中に小豆パックがいっぱいありましたね。

食べるときにメープルシロップとか甘酒をかけて甘くして食べたり、そのまま食べる時もあると思うんですけど。

重要なのは、白砂糖を加えてはいけないってことです。

白砂糖を加えた時点で小豆の効能が殆どなくなってしまうと思います。

その選手の方もよくわかっていて、メープルシロップとか甘酒を使うと仰っていましたね。

我が家に白砂糖はありません。

お料理に使うのは、メープルシロップ、メープルシュガー、甘酒です。

甘酒も、米麹のみで作られた甘酒。

酒粕で作られた甘酒には砂糖が入っていることが多いです。

あと、米麹でも砂糖が入っている甘酒ものもありますので、必ず裏のラベルをチェックします。

煮物とか、案外メープルシロップ合いますよ。

作るときの気分によって「今日は甘めのものが欲しいな〜」と思えば甘酒を使用します。

そう思わない時は、お醤油だけで煮物を作っちゃいます。

食事って凄い大切だってことですね。(これ、何回も言ってる😓)

今日も長くなってしまいましたが・・・

次回は、どうしてメープルシロップやメープルシュガーがいいのかを話そうかと思います。

Pocket
LINEで送る