stand.fm『魂のトリセツ』#19 人間は寝ている間に何をしているか
Pocket
LINEで送る

2021.4.16配信

魂のパワー

人間は、肉体とエネルギー体(感情体)と魂で構成されています。

魂のパワーが100とすると、60は人間の意思とは関係なく働いている生命維持活動のために使われています。

人間の意思とは関係なく働いているものとは、心臓や肺や他の臓器のこと。

止めたいと思っても止めることができませんよね。

これらは全て自律神経による働きです。

その自律神経を動かしているのが魂のパワー。

繰り返しになりますが、魂のパワーの約60%は自律神経の働きのために使われます。

そして残りの40%は自然治癒力、つまり病気になった時や日々の細胞の修復のためのパワー。

でも、今の人は食べすぎているので、40%のうち20%は消化のために使われていると言われています。

つまり、自然治癒に使われるパワーは20%しかないということです。

今の人は、全般的に食べ過ぎですね。

これを踏まえ、人間が寝ている間に何をしているのかをお話しします。

#19 人間は寝ている間に何をしているか

レム睡眠、ノンレム睡眠は聞いたことがあると思います。

レム睡眠は浅い眠りで、これは体の睡眠。

ノンレム睡眠は深い眠りで、これは脳の睡眠。

レム睡眠=浅い眠りの間、体は休んでいるけれど脳は活動しています。

何をしているのかというと、脳のメンテナンスを行っています。

記憶の固定や疲労回復など。

ノンレム睡眠=深い眠りの時は、脳は休んでいるけれど体は活動しています。

何をしているかというと、体のメンテナンスを行っています。

新陳代謝の促進や免疫機能を高めたり、傷んでしまった細胞の修復や、ストレスを取り除いたり、、、物理的な体のメンテナンスを一生懸命寝ている間にしています。

そして、その体のメンテナンスを行なっている間にもう一つ行なっていることがあります。

それは、魂のエネルギーチャージ✨

魂は体を抜け出して宇宙に帰っています(笑)

なんだかチョット怪しい話になってきましたが、、、

毎晩、寝ている間に宇宙へ帰って魂がエネルギーチャージをするおかげで、翌朝起きた時にキチンと自律神経が働き、体を動かしてくれる。

なので、睡眠不足が続くと、自律神経の働きが悪くなり、臓器の働きも当然弱くなっていくということです。

病気になった時、食欲なくなりますよね。

無理に食べてお薬を飲んだり。

本当はそんなことより睡眠をたっぷりとることが一番重要。

病気の時に食欲がなくなるのは、体がそれを求めているから。

動物って病気になると、一切何も口にしないんですよ。

観察しているとわかると思いますが、あれは動物の本能ですね。

何も食べずに自分のエネルギーを全て治癒に使っているんです。

人間だけですよね〜病気になれば元気付けるために食べなさいというのは。

食欲がなくなること自体、体がそれを求めていることなので、何も食べずに体の自然治癒に任せる。

すると、必ず良い方向に向かっていきます。

そして、睡眠をたっぷりとることで、魂が宇宙へ帰ってエネルギーチャージをしてくれるので、自分の体を信じて睡眠をいっぱいとってください。

睡眠中に何をしているのか、、、実は、こんなことをしていたんですよね。

これ実は、死んでいるのと同じ状態。

死ぬと魂は体から抜け出します。

つまり、毎晩死んでいるってこと(笑)

シルバーコードって聞いたことがあると思うのですが、シルバーコードが繋がっている間はまた帰ってくることができます。

完全に死んでしまうと、シルバーコードがなくなるってことです。

子供の頃「人間って死んだらどうなるの?」と、私はよく母親に聞いていました。

母親曰く「寝ているのと同じよ〜」

母親の言うことは、当たってたかな(笑)

毎日死んでいるんだと思えがば、今日1日を大切に生きようと思いませんか?

毎日、今日が最後の日だと思って行動しましょう!と言うことですね。

寝る前の感情が翌朝起きた時の感情にそのまま引き継ぎます。

と言うことは、、、死ぬ直前の感情は来世生まれた時の感情に引き継ぐんですよ〜

とまた、チョット違う話をしてしまいました。

これは、また別の機械に話をしようと思います 😆

睡眠時間についても話をしておきますね。

睡眠は90分サイクル。

70分間のノンレム睡眠と、20分間のレム睡眠を繰り返します。

一回の睡眠で最低3時間が必要。

案外、短くてOKなのですが、生命維持のための体のメンテナンスを一通り行うには6時間の睡眠が必要です。

なので、最低6時間は寝たいですね。

何時から何時まで寝ると言うのも結構重要です。

東洋医学の本に書かれてあったのですが、それもまた別の機会に。

編集後記

まとめを話していませんが、要は、食べ過ぎと睡眠不足が自然治癒力がなくなる原因と言うことです。

両方心当たりがある人は、要注意ですね〜

がん細胞は毎日できていると言われていますが、寝ている間に修復してくれているんですね。

改めて体に感謝!です。

※話している内容は一部以前のブログ記事と重複しています

Pocket
LINEで送る